忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

カテゴリー「お金の支払方法」の記事一覧

期日までに支払うメリットがわからない

「アパートなんかの家賃をきちんと支払うことができれば、
それが優良なお客さんということになるわけで、別に
優良なお客さんと思われたくなければ、期日通りに
支払をできなくても良いのではないのですか?」
というご質問をいただくことがあります。


期日までに支払いができている人にとっては、「私はほんとに良いお客さんだ」 と言う風に考えているケースがありますが、最初に約束した通りに行動しているだけですので、正確には、「普通の人」 という位置付になるかと思います。


また、期日が守れない人はデメリットがないという風に考える人ももいらっしゃいますが、それはたぶん一生貧乏な暮らしとかになるだけではないかとお答えしています。


例えば、社員が200人いる会社があったとしますね? 
そして、新しく入社した若い女性社員に、「今度の催しの会費を全社員からX月X日のX時までに仕事の合間に集めて来てね! という風に仕事を与えます。


新しく入った社員というのは、顔がわかりません為に先入観を持ちませんので、2・3回会費を期日までに集める仕事をさせますと、よくわからない人と接しながらお金を集める過程で、「この人はルーズだなあ~」 みたいに空気みたいなものを感じたりします。


自分にとって役に立たないというのを通り越して、「マイナスな存在でしかない」 という位置付けとなりますと、積極的にこの人とは関わりになりたくないなあ~、 そんなイメージとなり、口をきくことも減るものです。


お金を集める際にストレスも発生するでしょうが、これは普段仲の良い人などに、「XXさんて、こんあクズだった」 なんて風に都度愚痴り吐き出すものです。


そうすると、歩くスピーカーによって、支払の面で問題ある人の存在は、本人が想像する以上の広がりをしていきます。


人が寄り付かない、そこからイメージするのであれば、貧乏になるマイナスのファクターではないでしょうか。


現実的に賃貸物件などの場合でお話しをしますと、1回で集めるお金の単位は、万円という感じが1番多いように考えますが、この万円という単位の場合、支払がルーズな人に対応するような場合は、「顔を見ただけで嫌な感じがする」 という風な毛嫌い的な嫌われ方になる傾向にあります。


なぜかといえば、1人で万円という単位ですと、一時的に立て替えをすることにでもなれば、すごく大きな金額になりますので、理論上ルーズな人を1人でも少なくする努力をした方が早いとも言えるからです。


それじゃあ、期日通りに支払がいつもできたりする人のメリットというものを説明していきますと、「人に嫌われる要素(ファクター)を持たない」 という点になります。


お金を集める仕事などで、「私はお金集めるのって超得意」 という人って少ないと感じます。 普段一緒に遊ぶような飲み友達などのようなものとは違い、それほど親密ではない人を対象とします関係で、どういう風に接していけばよいのかを悩む感じです。


例えば、大家さんがペントハウス(最上階)に住んでいる賃貸マンションに住んでいるような場合、いつも期日前に自分の足で出向き、「大家さんこんばんは~今仕事が終わったのですが、家賃を支払にきました~」 なんて風に支払をできることができますと、大家さんからその賃借人を見た場合に、まず苦手意識のようなものを持たれないと思います。


相手に苦手意識を持たれないと、なにか話をする場合でも話しやすい空気みたいなものが出てくると思います。


お金の支払でルーズな場合、その人の人間性が見えてしまったようなものでしょうから、「この人はいつもお金の支払い方がきちんとしている人なので、よほどしっかりしたきちんとした人なのだろう」 みたいな好印象だったりすると思います。


あるいは、「この賃貸マンションで見た目とか素敵ですよね~」 なんて風に借りに来られた内覧者に、「ここのマンションは期日通りに支払をする人だけが住んでいます」 なんて風に説明すれば、それを聞いた人とかは、「なるほど、きちんとした人が多いということは、住んだりした時に変なトラブルで悩むことも少ないのかもしれないなあ~」 という風にプラスのイメージとなります。


「ここのマンションは、お金の支払いがルーズな人ばっかりなんですよ」 なんて風に管理人のおじいさんが言えば、これから借りようと考えている人がきちんとした人であるほどに、「えっ変な人間だらけってことか」 みたいに連想してしまいます。


福岡市の月極駐車場の場合、「うちはご利用代金の支払いなどに関しては厳しいので、全面的にそう打ち出していますので、自分でルーズと感じている人は最初から借りに来ないんですよ」 と説明しています。


そうするとね、世の中には大きく分ければ2種類の人しかおりませんので、「私もルーズな人のグループには入りたくないので、借りたいです」 と類は友を呼びますので、考え方が似通った人が集まるんですよ。


月極駐車場でも、賃貸アパートでも、ホームページなどとか見ればわかると思いますが、コンセプトを明確にしているものがみつかりませんので、それを見た人が独創的なものだと感じるのです。


でも、自分で体験などをしていないと、それが具体的にどんな意味があるのかがわからないものです。


「期日通りにきちんとお約束した通りに支払ができればどんなメリットがありますか?」 と訊かれれば、「誰か人に好かれようと考えるよりも、誰かに自分で気づかないうちに嫌われるようなことが減るような努力をした方が、人生にはチャンスの数が増えると思いませんか?」 と答えています。


PR

福岡市の月極駐車場は利用代金を持参するやり方

福岡市の月極駐車場にご興味を持たれた方から、

「えっ振込でなく現金で持参するんですか?

そんなやり方だと期日を守れないんじゃないですか?」

という疑問の声をいただきました。


そう思うのは、たぶんあなたの目の錯覚ですよ! とお答えしています。


人間には大きく分けると2種類が存在していると思います。 まじめなタイプとそうではないタイプです。


人間には、日和見菌のように、どっちつかずの人が多いので、中年くらいの年齢の人でも、「人生はまじめな人のグループに属した方が楽ちんなんですよ~」 と理論を説明してもピンとこないことも少なくありません。


20歳そこそこという若い男性などの場合であれば、「管理人がなんだか偉そうに言っていたけど、よくわからんな~」 そんな感じでスタートされます、たぶん。


自分の目で体験をしていく過程で、半年後とか、1年後などにまじめなグループに属するというのはこんなものなんだろうか? 少しずつ何かを感じていかれますので、その結果リピーターとなるかどうかという風になるのだと思います。 賃貸アパートなど、隣に嫌な人がいればすぐに引っ越したりするのと一緒で、嫌なものを感じればまず続かないと思います。


その人がこれまで暮らしてきた環境によって左右されるわけですので、期日までにお金を支払う習慣がない人などからみれば、「果たして自分にやれるだろうか?」 と心配する人もいらっしゃいますが、人間は環境でいろいろなことが変わっていくだけなんですよ~、そうお話をします。


福岡市の月極駐車場のスタートした時期というのは、
「利用代金の支払期日をきちんと明確にしてスタートしないと、世の中にはまじめな人とそうではない人の2種類が存在し、まじめな人間がバカを見ることになってしまい、立ち行かなくなる。 破たんしてしまえば駐車場が無くなるわけで、それは自分たちの中でまじめな人間の首が一斉に絞まることになる。 組織を運営する場合、会社でも一緒で不真面目な人を解雇し、新しく人を募集するように最初から基準を明確にしないと怖くて参加できないじゃないか」


そんな風な意見が出されましたので、創業時よりそのようなルール設定となっており、これは現在の管理人が決めたルールではございません。


たまにある勘違いで、古くから福岡市の月極駐車場をご利用されている方の家で、2代目などに世帯交代していきます関係で、「支払期日厳守とか、お金を持参するというルールは、あなたが勝手に決めたんじゃないの?」 と訊かれることもございますが、このルールは元々現在の管理人が決めたものではございません。


与えられた条件で、その中で最高パフォーマンスが出るようにスキームを構築していきのがビジネスだと考えます。


ご利用者中で古くからご利用されていらっしゃるような、先輩と位置づけされるご家庭を直接訪問したりし、
「管理人というお仕事のご依頼を頂戴し、引き継ぎというものを意識し、古い時代からのやり方などで良いと感じるものは、なるべく変えないように考えております。 あくまでも私はフレーマーという立場です。 一生懸命に額に汗を流し働かれ、そのまじめな人達が現在を築きあげてきたと聞いておりますので、リーマンショックでリセッションしていく経済状況下で、破たんが発生しないことを優先事項とさせていただき、フレーム設計を一部改良していきますので、間違いや気に入らない点があれば、遠慮なくおっしゃってくださいね。」 


そんな風にヒアリングや自分の考え方に関する説明も行っております。
福岡市の月極駐車場の発起人の方のご自宅などへ訪問し、最終確認もいただいております。


管理人という立場は、不動産投資家のようなオーナー的な立場ではございませんが、ここをよく勘違いされる人が多いと感じます。


与えられた条件の中で、経営が最大効率化するように改良します~、 という部分も一般の方はまず意味がわからないと思います。


わかるのは、たぶんね、実際に福岡市の月極駐車場を利用体験し、その結果として、何か手ごたえを感じるくらいだと思います。

お金を期限までに支払い忘れることはないか?

「管理人さんはみんなから駐車場代を集められると思いますが、
そのお金を支払い忘れることとかってありませんか?」
というご質問をいただくことがあります。


人からお金を徴収し、その後、うっかり支払いを忘れてしまうことがないのか? という質問のようですが、基本的に忘れるということはないですね。


福岡市の月極駐車場の場合は、専用の銀行口座や通帳がございます。


銀行関係者などのプロの金融マンからみれば、「お金を集めるお仕事なんて、中学生でもできるようなお仕事に過ぎない」 という感じで考えられています。


銀行というものは、銀行口座というものの動きを見て、実績ベースでいろいろな判断をしたりしております。


そうすると、お金の動きをみた時に、「あ~この人って慢心がおきやすいタイプだよね~?」 みたいに、お金の動かし方みたいなもので、その人を評価したりしますので、融資とかに反映されたりしていきます。


期日通りにお金を駐車場のご利用者から集め、そのまま通帳に記載していきますと、行動予定通りに進捗するほどに、綺麗な動きで記載されていきます。


不動産管理というお仕事をお金の動きをベースに考えた場合、日本がバブル経済でにぎわっていた時代でも、リーマンショックで経済が低迷した時代でも、稼働率のようなものとかは、一緒だったりします。


駐車場が新しかった時代でも、老朽化していく現代でも、これまた一緒だったりします。


一般の会社とかであれば、繁盛期や閑散期といったシーズンで波を打つ傾向にあります。


アパマン経営とかでも駐車場の経営とかの場合というのは、そういう性質なものと少し違うところがあり、ご利用者から集めるお金の期日とかも決まっておりますので、いつも同じような時期に支払うということを延々と繰り返していく感じになります。


理論的な説明をするのであれば、業務が正常であればあるほど、駐車場のご利用者から利用代金を徴収する時期や、それをオーナー側に支払いをする時期などや金額などが常に一定になると考えられます。


そうするとね、管理人が、「今月はちょっと調子が悪くて、お金の集まりが悪かったので、支払が遅れます」 な~んてことになれば、自分の評価にどんどんマイナスになっていくだけのお話しになりますので、うっかり忘れるということがまずありません。

福岡市の月極駐車場 振込支払での対応について

福岡市の月極駐車場では、ご利用代金のお支払いで、

振込支払というのは、原則受け付けしないようになって

おりますので、その後説明となります。


ある法人などから、「えっおたくは今時駐車場の代金の支払いを振込で受け付けてくれないの? そんな時代遅れじゃないの?」 そんなご質問を頂戴することがございます。


福岡市の月極駐車場では、原則前払い制度で、現金を管理人まで持参していただき、領収証と交換する方法をセキュリティ上そのような方式を採用させていただいております。


不動産管理というものは、<プロパティマネジメント>と呼ばれるのですが、資産管理と言う意味になります。 大切な資産を管理させていただきます構造上、きちんと賃借人(ちんしゃくにん)という、月極駐車場を借りるご利用者に、直接顔を突き合わせて確認させていただいております。


管理をきちんとする行動、アクションによって、預けているオーナー関係者なども安心できたりしますよね?


初めて社会人となって親から独立した人などが賃貸アパートなどを借りたりして、振込支払だったりしますので、「えっ福岡市の月極駐車場は振込受け付けてくれないの? なんでだろう? ちょっぴり面倒くさそうかなあ~」 そんな風に不慣れさなどからのイメージも感じられるようです。


月極駐車場のご利用代金を支払に行く時などにちょっぴり緊張もあるかと思いますが、お金を支払う際に管理人などと顔を突き合わせるということは、電話などに比べ、わからないささやかな疑問など訊きやすくなったりします。


人間と言うのは法則性と言うものがあり、わからないことなどをそのまま放置してしまい、どんどん悪化していくこともございます。


管理人と賃借人が会うという機会を最初から設けていたりする方が、変な暴走したりする人が減ったりすることにつながります。


不動産賃貸というのは、賃借人という、その物件などを借りるご利用者の管理能力などに差があり、これを放置したりすることにより稼働状況などが悪化したりするものです。


例えば、月極駐車場を借りてある程度満足している時に、新しいご利用者が、乱暴な人とかであったりすれば、段々とその環境が嫌になってくることがあります。


不愉快な思いをする、人間関係の煩わしさなどが生じれば、別に駐車場へ移動した方が早いという考え方もあるわけです。


でも、駐車場のご利用代金を支払う都度、顔を突き合わせるようにしてあると、また貸しをしたりするような人は面倒くさくて借りなくなります。 あるいは、顔を合わせることがわかっていると、変な暴走もしにくくなったりすることもあります。


賃借人のクオリティを人工的にかさ上げすることができますと、月極駐車場を借りている人にとって、人間関係的に変な人が存在しない安心感などにつながります。


同時に、月極駐車場を貸しているオーナーや関係者などは、賃借人のクオリティが高くなるほどに、リスク・バッファーを無理に大きく取る必要性も無くなってきます。(理論上ですね)


暴走する人がいない場合、月極駐車場は、無理にデポジットなどの保証金を取る必要性などもなくなったり、あるいは少しご利用代金そのものを減らすことなどにもつながったりします。


そうすると、ご利用者の立場での視点で見れば、ちょっとしたほんの気持ち程度のルールというものはあるが、それを守れる人にとっては、いろいろなメリットの恩恵も同時に受けているということにもなるわけです。


人見知りする人でも、何度も管理人などに会っていれば、そのうち慣れてしまうものです。


ヒューマン・スキャン・ヒアリング・システムという、顔を合わせるという確認作業を行うことにより、月極駐車場をご利用される方同志のクオリティが一定水準に保たれます。


そうすると、借りている人と、貸している人との間でも、保ちあいという現象が起きますので、良好な関係が築け、長続きしていくようなシステムになります。


福岡市の月極駐車場が目指すものは、人間らしい暮らしとなります。


例えば銀行の口座に毎月決まった金額を振込セットし、その振込での着金報告などを確認するのではなくて、きちんと人間の目や耳を使って、月極駐車場を借りている人を確認するという作業が非常に大切ですので、そのようにやり方を統一させていただいております。

福岡市の月極駐車場はなぜ領収証と交換するの?

福岡市の月極駐車場は、ご利用代金を管理人が現金で

いただき、領収証を渡し、現金を数えてお別れするという

方式を採用しています。

なぜ領収証と交換するのですか?


今の時代は、振込するという方式が増えていることもあり、なぜ? という疑問を持たれるご利用者もいらっしゃいます。


人間というのは、普段会社などで一生懸命働いていたりしますと、「なんとなく駐車場のお金を支払ったような気がしていた」 ということがあります。


事業者であれば、領収証などを含め、会計ソフトなどで損益計算書などで固定費という、いつも支払うことがわかっている経費の中の項目をチェックしたりしますので、まず支払忘れというものは発生しません。


ただ、会社員などの人は、支払った会計簿をつけるわけでもなかったりして、「なんとなく支払ったような気がしてしまい、確認のお電話を頂いた時に、あ~やっぱり支払ってなかったんだなあ~」 そんな風に気付く場合があります。


思い込みというのは、別に恥ずかしいこととかでなくて、よくあるヒューマン・エラーに過ぎません。


「え~僕は支払ってませんでしたっけ?」 そんな風に管理人に訊かれれば、「はい、福岡市の月極駐車場は領収証を手書きで作成しますので、重複して御料代金を徴収することはございませんよ~」 と領収証の束を見せたりして、安心していただいています。


通常営業マンなどの方は、お得意先に何かを現金で販売した際に、持ち合わせの領収証を手書きできって渡すことなどもあるかと思います。


月極駐車場の領収証というものは、そういった臨時的なものとは違い、台数や金額などが固定されておりますので、ワンロットまとめて作成します。


1度に膳台数分の金額を手書きで作成し、日付をブランク(空欄のまま)にしておき、作成した領収証の金額を電卓でたたきますので、合計金額が完全一致します。


その準備の上、どんどんご利用代金と、領収証を交換していきますので、誤差がいつも0となります。


管理人がもしも仕事で不在であっても、家族が領収証を渡した金額をその場で確認しますので、誤差が生じないのです。


月極駐車場は、人ではなくて場所の管理となりますので、領収証は1番などから番号順に作成します。 わざわざあいうえお順で作成する人なんていないわけです。


管理人は、お金を計算するのが得意だったりしますので、数百憶円クラスで1円も誤差が出ないくらいです。


ご利用者の中に痴呆症の高齢者などがいた場合、何度も支払に来られても、「もう十分にいただいていますよ~」 そう言って重複で頂戴することもございません。 常に領収証と交換という方式を採用しております関係で、すぐにバレてしまいます。


「福岡市の月極駐車場は、なぜお金を渡すと領収証をくれるのだろうか?」


なぜかと訊かれても困りますが、あえていえば、領収証を都度渡してあげる方式のほうが、ご利用者が自分で領収証を管理すればよいだけで、重複支払などの変な不安などが減るからです。


お金を管理する側の人間からみれば、どんな方式を用いても誤差はたぶん出ません。 誤差が出ないから管理人をやっているのだと思います。


普段領収証をもらわない人でも、コンビニで買い物すればレシートをもらったりします。 それを丁寧に家計簿につけたりするか? しないか? などはご本人さまの自由です。


福岡市の月極駐車場として、ご利用者がなるべく不安などにつながらない方式を採用したりしているだけのお話となります。


たとえ、ご利用者の方の思い込みであっても、丁寧に説明させていただいております。 何か疑問に感じた時は、いつでも管理人の方までご相談くださいとお答えしました。

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ