忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

カテゴリー「災害の時など」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

福岡県西方沖地震の時の回想

今年2011年3月には、東日本大震災がありましたが、

2005年の福岡であった地震の時の回想を書いておきます。


福岡市で300年に1度の地震というものが、2011年(平成17年)3月20日午前10時53分にありました。


当時管理人は、勤めていた会社の休日で、前日お風呂に入らないままソファーで眠ってしまったので、シャワーを浴びて、家族が買い物に出かけていたので、1人シャワーを浴びていました。


パンツ1枚で、スッキリして出て来て、リビングで髪の毛を拭きながら、シャワーを浴びたすぐあとだったのですが、何かおかしいなあ~と思いながら、部屋を見回していたのですが、その時、ダダッダッ~って感じで、部屋が横にいきなり揺れ始めました。


あれは怖かったですよ~。


立っていた場所に大きな食器棚があったので、「これが倒れる」 と予感し、すぐに部屋の中心に逃げたわけですが、鉄筋コンクリートの家が、バキって変な音がしたので、ヤバいって思いました。


揺れが収まった頃に、シャツを着てズボンをはいて外に出たのですが、みんな考えることは一緒ですので、福岡市の月極駐車場の前に集まって来ました。


「あれは何でですか~地震ですよね~長い間生きているがあんなに大きな地震なんて初めてですよ~」


そんな感じでした。


「うちはテレビも家具も全部ひっくりかえった」 なんて報告会が始まり、


「マグニチュードの大きさから、たぶん津波の心配はないと思う。 また、何かあったらみんな集まるということで、一旦解散し、部屋を片付けましょう」 そんな感じで解散となりました。


これが下町の良さではないかと管理人は感じました。


地震などの災害時に、急に起こった出来事で、頭の中の脳もかなり揺れています。


自分の考えている状況判断が果たして正しいのか?


そういう確認も行わないといけませんので、みんなが自然に集まり、自分の感じている意見などを出しあい、どこか冷静に判断し、また自宅に戻っていくという、いわゆるバディー・システムですね。


変に取り乱す人がいなくて、「次はこんな展開ではないか」 みたいに話してくれる人がいて、「そうですね~」 なんてうなづいていたりする・・・


結局管理人の家は、15型の小さなテレビが1個、テレビ台から落ちただけだったので、掃除も必用なかったのですが、他の人の被害状況を聞けたりして、なんだか少し安心できました。


あの頃の地震を振り返って思うのは、誰か話をする人たちがいたということでした。


PR

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 13 14
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ