忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

カテゴリー「お困り相談」の記事一覧

月極駐車場内でバトミントンはNGなの?

「月極駐車場内で、バトミントンするのは
ダメなのか?」というご質問がありました。

とある休日、何かボールを地面にドリブルする音が聞こえました。

何だろうと思ってみてみると、バトミントンをしている親子連れがいました。

そこで「ここは月極駐車場なのですが、勝手に入らないでくださいね~」 と言うと、私のかつての同級生で、「久しぶり」 と言われました。

そこで、月極駐車場というのは、車の保管場所になるので、ちょっとバトミントンとかはダメだよ~ という話をしました。

よくはわかりませんが、数十年ぶりに実家に遊びに来たような感じで、そこで「昔あの月極駐車場内で遊んだよな~」 みたいになったようでした。

昔の話になりますが、月極駐車場というのは、朝日が昇りますと、そこから車が仕事に出て行く。

日中の時間帯は、そこがガランとしていて、車が無いのでたしかに近所の子供たち、小学生が10人とか、15人集まりドッチボールしていたなんてこともありました。

1つは、車が出払っていてそこにない点。

もう1つは、そこに住んでいる子供たちなので、万が一何かあったとした場合でも、「あそこで〇〇さんの子供が遊んでいる」 と周辺の人も見てわかるので、あえて注意する必要が無かったことがあります。

昔は、家の中に居て、外で小学生くらいがキャーキャー言えば、「あれは〇〇さんの家の子供だ」 なんて感じでわかったりする。

そんな昔と違い、今の時代は駐車場内が空になるのは安全点検の日くらい。それ以外は日中でも車がかなり残っている。

1つは仕事をしている人が車を買って乗るという時代ではなくなり、仕事されていない人でも車を買い乗られていたりします。

昔は高齢者は車の運転はしていなかったような気がしますが、今の時代は車のバック駐車が斜めになるようなおじいさんとかでも公道を運転していたりします。

主婦の人でも、昔は買い物に歩いていたりしましたが、今は軽自動車とかを運転して買い物に行く。

それ以外としては、働く時間が朝から晩までという感じでもなくなり、夜中に仕事する人もいたりします。

子供が外でみんなで遊ぶということもなくなり、何か子供でも見かけるとそれは離れた場所から来ていたりする。

今はそんな時代だよ~ というお話をしました。

人は子供時代の記憶が意外と曖昧で、懐かしいなあ~という感じで子供などを連れて来たりする。

でも、正確な記憶では、そこに昔は車がないから遊んでいたという詳細な記憶はなかったりする。

そうするとね、車が何台もある場所で、「このくらいは普通だろ~」 みたいにほんとにバトミントンをやったりする。

それは客観的に見て、大人の行動としては不適切な感じもあります。

友達として注意すると、「それはたしかにそうだけど、俺は特別じゃないの?」 と思ったりする。


PR

ノートPC AH53/B2をリファービッシュで買う

「ノートPCを安く買う方法ってありますか?」
というご質問もありますが、今回はリファービッシュ
という買い方のご紹介になります。

ノートPCは、新品で家電量販店とかで売られていたりします。

その搬送の過程で、商品の入った元箱が少しでも損傷しますと、「これは返品」 となったりします。

そんな場合、「ワケあり!外箱にキズあり」 なんて感じでワケありノートPCで売られていたりします。

それ以外としては、新品を買った人が、「これ壊れています~」 という感じで返品されるケースもあります。

その返品には、いくら調べてみてもどこも悪くないというケースもあります。返品マニアも実在しています。

また、初期不良でディスクとか交換して整備品リファービッシュPCとして再販されたりします。

そんな感じで、まだまだよく知られていないリファービッシュのノートPCを買うといったいどんな感じなのか?

詳しくは、富士通製ノートPC、AH53/B2 FMVA53B2BZ のリファービッシュを買うとどんな感じなの? を参考にされてみてください。

最新型モデルのLEDバックライト搭載というオリジナル仕様を買ってみました。

あまり価格とかは書くのは控えますが、メチャメチャ高いノートPCの特別なモデルです。

子供が騒いでいる場合はどうしたら良いの?

「最近道路でドリブルしている子供がいたのですが、
あれはどんな対処方法が良いの?」

冬休みの時期になって、小学生とか、中学生とか、高校生が学校に行かないので、道路上とかで騒いでいるケースがあります。

ネット記事に書いてありましたが、小学生が家の前で騒いでいたので注意したところ、1カ月後に警察が自宅に訪ねて来て、暴行容疑で3時間拘束され、取り調べを受けた。その際に、「子供が騒いでいた場合には、決して自分では注意せずに警察に通報してくださいね~」 と言われたという記事内容でした。

小学生とかの子供は、どちらかといえば善悪の区別がつかなかったりします。

他人の家の前で騒いでしまうくらいですので、その家の人がどんな気持ちなのかがよくわかっていない。

そこに住民が直接、「君たちちょっと人の家の前でうるさいだろ~自分の家に帰りなさい」 と注意すると、注意をされたという認識ができずに、「あの人が自分をいじめた」 という認識になったりして、親とかに、「変なおじさんがいじめていた」 なんて感じで虚偽通報のような、あることないこと言い出すことがあるそうです。

そうすると、暴行容疑ですので、取り調べもされたりして、「誤解を招いてしまったということになるので、これから直接注意せずに警察に通報してくださいね~」 というオチなのだとか。

最近は社会人となった大人でも、注意をされたことが理解できないという人も増えているという説があります。

車の線キズを消したい

「車に線キズがいっぱいついたりしているのですが、
これって自分で消すことができるの?」という悩みが
あります。

車に乗っていると、洗車機械に入れたりした時にブラシがこするという時に、ボディ表面に洗車キズがつくことがあります。

それ以外にも、駐車している時に、隣の車の人がドアを開けた時や、買い物をしたものを車に当てたりして、線キズなどがついてしまうこともあります。

ドアノブ周辺に爪の痕などが残り、それがいっぱいという車もあります。

自動車に乗ると買い物に行くにも、具合の悪い時に病院に行くにも便利ですし、ドライブに行くと楽しめるものですが、キズのメンテナンスをしないと車がキズだらけということになる感じもあります。

今回は、車のドアノブのまわりに、爪痕のキズが残っているのをドイツ製のスクラッチリムーバーキズ消しで消せるのか? というのにまとめておきました。

車のボディメイク、いわゆる塗装面の修復に関しては、1番多いのは、線キズ、線のような細いキズというのが多いと思うのです。

これをうまく修復できるようになっておく! というのは、車を買った1年生の時にマスターしておく内容になります。


トイレとかに行くのに、人感センサーライト

夜中に何度かトイレに起きるのですが、電気を点けると
家族の迷惑になると思うので困っています。

そんな悩みもあります。

会社の仕事が終わり、夜にマンションとかの自宅に帰ると、人感センサーでパッと灯りが点くというものって、取り付けとか難しいの?

夜中にトイレに行く時に、暗いのでつまづく。

でも、そうかといって照明の灯りを点けると、まぶしい光が目に入り、それで家族が目覚めるとかの迷惑となり、気がひけて電気が点けられない・・・

この世の中には、”人感センサーライト” と呼ばれるものが売っていて、それをガチャポンとポン付けすればあとは面倒くさいというか、たぶん素人ではできない電源の配線工事なども不要で、取り付けができちゃう商品があります。

正確には、”人感センサー” というのが、センサーに内蔵されていて、人の体温を感じるとLEDのライトのスイッチが入るのです。

後は、1度センサーが人の体温を感じるとパッと点き、10秒後とかに自動でタイマーで消える。

もちろん、”明暗センサー” というセンサーが内蔵されていると、明るい時には人を感知しても電源は入らない。

あと乾電池式なので、乾電池を入れて使うので、省エネだったりします。

人感センサー&明暗センサーで作動するLEDライト、アイリスオーヤマのBSL40ML-W は超便利でした~の記事を参照にしてください。

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ