忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

カテゴリー「フレームの設計」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

福岡市の月極駐車場に、不動産会社は仲介しない理由

「不動産賃貸って、どこも不動産会社が仲介しているかと思うのですが、
どうして福岡市の月極駐車場には、存在しないのですか?」
という疑問を持つ人もいらっしゃいます。


例えば、カリスマ不動産投資家などの場合は、不動産管理会社の営業マンに対して、現金つかみ取り大会などのようなアクションを行ったりすることがあるといわれております。


「うちの物件の賃借人の契約を取ってくれれば、うちはよその2倍コミッションを支払いますよ~」 そんな風なものをイメージすればよいかと思います。


わかりやすくいえば、ニンジン作戦という、現金などを使い、管理したりする立場にある人を不動産投資という、自分の行っているマネーゲームでいかに働いてもらうか? というのが成功を決めるファクター(要因) となります。


その結果、ある年に瞬間的に叩き出した稼働率などを自身の著書などにデカデカと自慢し、カリスマという、まるでアンデルセン物語にでも出てきそうな、名称を名乗ったりします。


ビジネス・スキームは、あくまでも不動産管理会社のプロをいかに使うのか? というところがポイントになり、構造でいえばそれは産業革命のときとそう大差ないものに過ぎません。


不動産投資のマニュアル本などの中には、不動産会社の人間が電話してくる専用の携帯電話を別に用意し常に出るようにしているが、賃借人はゴミのような存在なので一切出ない、そう書いたりしているカリスマも実在しております。


福岡市の月極駐車場の場合は、ビジネスを構成するスキーム部分が多少違っています。


「共生という面でいろいろ考えたりした月極駐車場をつくってみました、利用したい人はこの指にと~まれ!」


そんな風に言って、人差し指を出した時に、利用したいという人達が自然に集まったりするわけです。 月極駐車場は、その周辺に住む人が利用する極小エリアの商圏ですから。


法則でいえば、利害関係の方向性が同じ人が集まると、それは磁石のように強力にくっついたりします。


社会というのは、誰でも1人では生きてはいけないでしょうから、月極駐車場を必要としている人達の中で、方向性が同じような人とチームを組んだ方が早いのではないだろうか? という風に考えます。


これがいわゆる共生と呼ばれる部分になり、共鳴する人間が集まるサークル団体作戦ともいえます。


例えが適切ではないかもしれませんが、暴力団なども組織的には、サークル団体という、お仕事などの方向性が同じ人が集まって構成されているだけに過ぎませんし、政党などでもそんな感じになります。


ひたすら組織が巨大化していくサークル団体もありますが、月極駐車場は元々スペースが限定されます。 この為に、組織を構成する人間の数が増えることもありませんし、定数が減ると新しい人が加わりますので、どちらかといえば常に一定数で構成されます。


そんな感じですので、福岡市がその利用代金を集めてきてくれ~、とでも言った場合、管理人が笛の1つでも吹けば、たちまち日本銀行券という、いわゆる札束などに変換されていきますので、未回収金なども存在しないわけです。


月極駐車場を利用する本人が、その駐車場があったからこそよかったなあ~、 そう感じたりするものがあれば、わざわざ支払期限などを延滞したりするメリットがないからそのようになります。


共生という世界は、孔子の儒教の中に出てくる言葉、
「子曰く、それ恕(じょ)か。おのれの欲せざるところは、人に施(ほどこ)すなかれ」
というものではないかと考えます。



自分がなにか行動しようかと思った時に、相手の立場で考えてみて、自分が逆の立場であればされたくないなあ~、そう思うことは最初からしない方が人生はきっとうまくいく! という教えがあります。



わかりやすくいえば、誰かに好かれることを考えるよりも、誰かに嫌われることをしないことをまず考える方が、人生手っ取り早いという教えになると思います。


月極駐車場の世界は、利用者が、ホームランやヒットエンドランを狙う人なんていないわけです。


なんとなく最初は面白うだなあ~、みたいになにかちょっとした興味を持たれ、利用していく過程で、それが何十年になっていったりする。 そんなサークル団体のようなものですから、わざわざ第三者的な不動産会社とかを必ずしも必要とはしていないのだと思います。


コンセプトがまったく違います。 サークル団体とかで、自分のチームのメンバーを集めるのに、わざわざプロの業者に依頼するのはどうかなあ~、そんな感じからそうなっています。
PR

月極駐車場のフレーム設計

月極駐車場の管理とかというものは、いろいろあって

大変ですね~、 なんてお言葉をいただきます。


月極駐車場を経営していく~、 そういうテーマであれば、WORKとなりますので、簡単ではないのかもしれません。


でも、月極駐車場の普段の管理というお仕事というものであれば、JOBとなりますので、それほど難しくはないような気がします。


簡単にいえば、コンビニでパートで働く人でもできるようにものかといえます。


「もしも、こんな風な出来事があれば、こう行動するんだ」 という感じの、アクション・プランみたいなものをあらかじめ用意しますので、実際は、深く何かを悩んだりするというような、心労みたいなものはまずありません。


「XXさんに、言われた言葉ってどういう意味だろうか?」 というような、発生した出来事に対して悩み苦しむという工程がありませんので、現実的には淡々と作業しているようなものだったりすると思います。


人間相手の商売ですからね、顔を突き合わせてきちんと説明してあげるということも必要だったりします。


一般の人が考える月極駐車場のお仕事というのは、おじいちゃまが暇つぶしでやっているかのような、そんなイメージが多いと感じます。


福岡市の月極駐車場の場合は、少し違っており、大企業とかメーカーの経営などに使用されるような、人間行動学というものをベースにフレーム設計してあります。


飛び込み営業系の会社などが、「うちはこういう風にマニュアル完備しているからね、この通りにただ忠実に行動することができる人であれば、稼げるんですよ」 というようなトークをすることがあると思いますが、フレームは緻密で設計がよければ、ほとんど悩まないというような感じになるかと思います。


ただ特殊な考え方をベースにします関係で、細かい理屈などはわかりにくいものがあるともいえます。


例えば、セキュリティとかでは、最近こんな変質者が出たとか、あるいは、こんな人がいたりするので・・・ と少し事情とかと説明したりすることもあります。


◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ