忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

カテゴリー「無断駐車」の記事一覧

無断駐車で110番通報

この前の連休中に、福岡市の月極駐車場内に
無断駐車が発生したということで警察に通報
するということがありました。


管理人さんのところに利用者の方から、無断駐車されているという相談があったという話でした。

夕方ウォーキングに出かけようとすると、駐車場内が何だか騒がしい感じでしたので、出かける前に立ち寄ると、連休ということもあり、全然知らない人が勝手に月極駐車場の敷地内に車を乗り上げ、車両放置しているので困っているという話でした。

既存利用者が無断駐車されて困っているというのは、それは警察のお客さんという意味ですので、じゃあ、警察呼んで処理しましょう~と話しました。

いろいろな人と話したりした時に、どんなタイミングで警察に連絡しているのか? と訊かれることもあるので、書いておきますが、敷地にその車が入った時点でそれは警察のお客さんとなります。

月極駐車場の管理というお仕事は、契約者外の車両排除というものがあります。

福岡市の月極駐車場というのは、事前に住民に申し込みをしていただき、審査の上に車両の保管場所として、承認した車を置いてもらうというものになります。

日本国内の法律では、たとえ空き地であっても、自主さんは事前に承認した覚えのない車を勝手に置かれない権利があると、裁判所の判決事例もあります。

管理人さんは、地主さんより、あくまでも既存ルールを守れると約束できる人に貸しても良い。という仕事で行う管理業務を代行しておりますので、地主さんの代行業務の過程で、勝手に置かれない権利があります。

車の場合、見たこともない車が勝手に無断駐車をしますと、無断駐車した人は、「これ俺の車じゃないから、絶対に俺がやったと俺のところまではこない」 という思いこまれているケースから無断駐車されていらっしゃったりします。

でも、そもそも敷地内に事前承認を得ていないというのは、法律に抵触しておりますので、いわゆる不法行為状態にあることになります。

警察に電話をかけて、その車の持ち主の連絡先が知りたいです~と言いましても、それは個人情報保護法がありますので、まず教えてもらえません。

そして、「何でそれが知りたいの?」と訊かれたりしますと、それは現在不法行為が進行中です~という話をしないといけなくなります。

ご存じない方もいらっしゃるみたいですが、そもそも個人情報保護法というのは、法律に何も違反していない正常な人がその対象となるのですが、不法行為の捜査対象となりますと保護しなくて良いということに変わります。

ただそれがほんとに、うそでもなくて方法行為になるのか? という部分に関しましては、捜査員が派遣され、現場と通報内容の一致などを確認されたりします。

それはなぜか?

普段駐車場内をパトロールするという仕事内容である管理人さんが、「あれ、あの車はあやしいぞ」 と契約車ではない車をみつけ、それを利用者に電話で確認もしていないのに警察に通報しますと、それは推測の領域となります。

警察を呼んだ時に、正規の利用者が来て、「これは友達の車なんです。私が勝手に置かせてしまいました~」 となりますと、それはみんなが迷惑するだけの話となります。

そんな事態を防ぐ目的で、福岡市の月極駐車場でも連絡のつかない人は利用者として契約しないようにしております。

今回の場合ですと、正規のそこの利用者が、「無断駐車されて困っている」 と申告されておりましたので、推測の領域ではない、事実となりますので、「どうせ車の持ち主が使用者と違うということなのだろう・・・」 そんな感じでしたので、警察呼んで処理した方が良いという風にアドバイスしました。

ザックリしたことしか書けませんが、
駐車場のそばにあるマンションに住んでいる人に家に、他人の車でやってくる友達が、無断駐車しているという内容でした。

無断駐車される人というのは、自分が逆の視点で、「俺がもしも駐車場の管理人であったならば、他人名義の車で無断駐車した人がいれば、それを辿れないはずに違いない・・・」 という風になぜか思い込まれ、繰り返しているケースもあります。

その人の夢を壊すような話で申し訳ないのですが、
どこの家に、誰が運転し、どの人の名義の車で、無断駐車しているのか? というのを警察の方に登録してしまうことがあります。

そんな流れになるわけですが、別途リクエストも届いております。

不審車をみつけた過程で、「ここは月極駐車場ですが、なぜ勝手に入り込んでいるのですか?」と声を掛けたところ、「わからなかった」と言われるのです。

意識障害でも起こしているのかなあ~と思ったりしますが、「車がとにかくたくさん置いてあるので、置いても問題ないと考えた。もしも法律に違反しているということであれば、それは警察官が来たりして、注意されるので、わかりやすい。注意されれば、もうしませんよ」 という声が実際にあるのです。

警察庁のウェブサイトには、「自動車の運転免許を取得し、かつ適切な記憶力と判断力がないと運転できない」 と書かれてあります。

警察庁の主張では、個人ドライバーは法律でも守り、自己管理したりして運転しなさいね~といわれます。

でも、社会人でそれなりに年齢も重ねている人の中には、「自分がもしも法律的に悪いことをすればそれはきっと警察官が自宅に来るに違いない」 という少しおかしな考えたをされていたりするのです。

警察官は制服を着ていたり、パトカーとかに警察と書かれてあるので、その人に直接注意されると、そこで「これはいけないことなんだ」 と理解できるといわれるのです。

最近の傾向では、スマホをやるためというのもあります。

運転中にラインの返事をしないといけない。でも、公道上で左に寄せて停まり、そこでやると、通行人の視線とかが気になる。

そんな話を聞いていると、まるでノミの心臓のように聞こえてしまうのですが、この先がすごい。

月極駐車場に入り込み、そこでやれば誰にも迷惑をかけない。

もしも、迷惑をかけたりしていれば、警察24時のように警察が注意してくれるに違いないし、注意されたら止めるつもり・・・というのもあります。

すべての人が大学に行き、六法全書を買い、学んでいるわけではありません。

自分の直感のようなもので、「これは誰にも迷惑をかけていないと思うのでセーフに違いない」 という憶測で行動していたりする。

本来善悪の区別というのは、自分でできないといけないのですが、それは警察に注意したりして初めて悪いことだと理解できるという論理です。

無断駐車している人の意見では、もっと自分を叱ってほしいという話だったりするんです。

PR

不動産会社の無断駐車

新年あけましておめでとうございます。
今日は仕事はじめという日で、無断駐車が
ありました。

ウォーキングに出かけようとすると、某有名な不動産仲介会社eという営業車が賃貸マンション前に停まっていました。

「仕事はじめかなあ~」と思い、自動販売機で冷たいものを買って飲もうとしたら、100円玉を入れても戻ってきてしまうのです。

ちなみに私は歩けなくなった時にリハビリでウォーキングをはじめ、それ以降ウォーキングをしていたりします。

よく自販機前で買っている時にみなさんから声をかけられるのですが、運動前に冬でも水分を取る習慣があり、猫舌なので冬でも冷たいものを買います。

今回自販機で財布を持って出るのを忘れたので、いったん家に帰るか~と思った時にスーツ姿の男性が車に乗り込み、福岡市の月極駐車場に入るのが見えてしまいました。

ドアが1枚だけ開け閉めした音というのは、部屋の内覧でお客様を連れてきたというシュチュエーションでは違和感あるので、家に帰る途中駐車場を見ると、不動産会社の社名の入った営業車が堂々と無断駐車していました。

私がスマホで撮影していると、「今お客さんを連れてきているので、ちょっとだけ置いているだけ」と言われたので、

「何それ、月極駐車場とわかった上で、敷地内に車を乗り入れ、車両放置しているだけですよね?」と訊いたのですが認めていただけないので、

「地主さんは承認した覚えのない車に勝手に車を置かれない権利があると最近の裁判でそういう判決もあったと思いますし、わからないのであれば、あなたの上司をここに呼びだして上司から説明してもらいますか」と訊いてみました。

昔zという雑誌で、子会社が解約するお客さんからどうお金を搾り取るのかなどの暴露話が公表され、当時支店長がその取材に対して認めたと報道されていました。

また、その際にも説明しましたが、福岡市の月極駐車場は、税金投下した建造物となります関係で、敷地内で発生した不法行為に関しては、車両特定するためのデーターなどを報告する義務があり、私が不法行為、適切でないと感じた行為などは都度報告しているので、報告はあげますよ~と口頭で説明を差し上げました。

みなさんも注意してくださいね。

公道に車を停めるのは道路交通法という法律で済みますが、月極駐車場などは、「事前に承認を得ていない車などを無許可で乗り上げますと、それは警察とかに情報をあげるということになり、同時にブラック企業情報として営業車1台の為にネットであっという間に日本中に散らばります。1度送信しますと回収不可能です。

不動産関連の仕事する人たちにとって、あれから反省したとか、変わらないとか議論もあるみたいなので、私もちょっと興味あったので直接注意して差し上げました。

会社の社長とか上司にばれると、問題を起こしたということで解雇等になる人もいらっしゃいますが、失って気づくというのは奥さんとかに怒られる二時被害もあろうかと思います。

自分を救うことができるのは、自分だけです。

無断駐車で被害に遭い、逮捕された

無断駐車をした人が、被害に遭った男性から
脅迫、わいせつ強要の被害に遭い、警察に
通報したというニュースが報道されていました。

ある男性が、恋人かなあ~と思う女性と、とある知人の家に車で行き、無断駐車をしたそうです。

その後本来の契約者の男性が、車の前に自分の車を止めて発進できないようにした。25日昼ごろ、車を移動してもらうため、被害者の女性が古口容疑者に会うと「謝罪に来い」と言われて男性と書店を訪れ、被害に遭ったという。

署によると、容疑者は7月25日夜、経営する書店の事務室で、トラブルの相手となった県央在住のアルバイト男性(22)を「本当ならぶっ殺しているところだ」などと脅したうえ、男性の交際相手の女性(20)に「謝罪するなら裸になれ」という趣旨の話をして全裸にし、写真を撮影するなどのわいせつ行為をした疑い。

翌日警察に通報し、逮捕されたのだそうです。

よくは知りませんが、
男性が書店を経営していて、自分の借りている月極駐車場に無断駐車したカップルの車を出られなくして、謝罪に来させて、「本当ならぶっ殺すところだけども、裸になって写真を撮らせれば勘弁する」 というような説明をして、20歳の女性がパンツとかを脱いで撮影され、翌日に警察に「私が不法行為で無断駐車したのがきっかけで悪かったとは思うけれども、裸にされたりするのは行き過ぎではないだろうか?」 と通報したみたいです。

う~ん、どうなんだろう?

無断駐車って権利の侵害なので、たしかに犯罪者という感じとなります。

どちらかといえば、そういうシュチュエーションの時とかって、最初に被害を受けた人が警察に通報して、所有者登録情報にて警察官から電話してもらい動かしてもらうという方が良いと考えます。

人は、自分が被害者で絶対的に有利という思い込みがありますと、「こいつはどうせ犯罪者なので・・・」 そんな風に考えたりして、

パンツを脱がせるとかになるのかもしれません。

ただ、「ぶっ殺す」 というのは脅迫です。

車のナンバープレートを撮影したりして、運輸局とかに被害を受けた証明しますと、車の登録情報などを開示してもらえます。

個人情報保護法は、不法行為という面では無力となります。

そうすると、相手の住所とかわかってしまうわけですから、ぶっ殺すとか言われますと、「私の自宅に殺しに来ると言われた」 と相手は考えます。

そうすると、もう殺人予告という感じになり、恐怖感から、パンツを脱いで裸を撮影されてもしょうがない・・・となり、翌日とかに頭にきてしまい通報したのかなあ~と思ったりします。

自分がもしも無断駐車してしまった時は、自分で警察でも呼んで、被害者に5万円とか支払う方が良いと思います。

パトカーは呼んだ者勝ち!
よく言うじゃないですか。

書店経営者と書いてありましたが、わいせつ罪で逮捕されたりすると、商売も影響し倒産とかして、一生付きまとわれるのかもしれません。

仮にもしそうならなかったとしても、自分がきっかけを作り、それで1人の男性が人生ダメになってしまったというのは、一生消えないトラウマみたいになるような気がします。

警察官に、「こんなことで呼びやがって」 そんな風に笑われるようなところで線引きできるような終わり方ができるのがプロだと思うのです。

ポケットの中にある携帯をサクッと取り出して自分で110番通報する。そんなことができないと、「ギリギリまで呼ばない」 というような考え方をしてしまい、結局相手が深い傷を負うという終わり方となり、連動し自分の傷まで深くなってしまう。

きっかけが自分の行った不法行為から始まるというのは、そんなリスクを背負うわけなのです。


レンタカーで無断駐車

福岡市の月極駐車場に
レンタカーで無断駐車している
人がいましたので、警察呼びました


福岡市の月極駐車場内に、無断駐車があり、”わ” ナンバーのレンタカーでしたので、110番通報しました。


レンタカーを借りて、その車で他人の月極駐車場に無断駐車するとどうなるの? にまとめておきました。


無断駐車などを調べますと、結構多いのが、「俺の会社の車両管理者はバカなので、バレない」 というものや、「レンタカーを借りているので、どうせ俺までたどり着けないはず」 というような感じから、他人の月極駐車場内に不法侵入し、そのまま車両放置し、正規の賃借人の事業を妨害するというものがあります。


自分の車であれば、警察官が現場に到着した時に、電話が自分の携帯電話やスマホに入るので駆けつけることも可能ですが、レンタカーの場合、日曜日などの場合、会社そのものが休みだったりして、なかなか連絡がつかず、被害者の事業妨害の被害が拡大していきます。


この記事を読まれた人は、レンタカーに乗った時、カーシェアリングの車に乗った時とか、注意してくださいね。



不審車が無断駐車

今日は、福岡市の月極駐車場に
不法侵入した車両がありました。

車種は、BMW(ドイツ語読みで、ベーエムベーと呼ぶ)


バリエリッシュ・モトーレン・ベルケという、バイエルンの自動車工場という意味のドイツ車です。


車には、名前が書いてありません。いわゆる車両ナンバーと呼ばれる身元確認用のナンバープレートが付いています。


車両ナンバーは佐賀ナンバーでした。


佐賀から福岡市まで遠征し、無関係の月極駐車場に不法侵入し、他人の契約した場所に無断駐車し、契約者を装う感じで、駐車場内で携帯電話で話し、正規利用者が帰ってきた後は、ライトを点けっぱなしにして威嚇するかのように共有部分にいたという事です。


文書で書いたものを読みますと、なんだか他人の犯罪記録を読み上げる裁判にでも行って、読み上げるのを聴くような気持ちになると思いますが、これが現実です。


県外に誰か友達のところでも訪ね、無関係の月極駐車場に入り込み、車のそばを離れずに無断駐車の取り締まりを警戒でもしているのかなあ~と思ったりしますが、


その警戒している人は気づいてもいないと思いますが、すでにナンバープレートの写真データーも私のところにあり、またインターネットで他の人にも犯罪データーとして送信されていたりします。


ブログを読んでいる人にお伝えしたいのは、「どんなもんだい。情報網はあなたと違うでしょ?」 という部分ではありません!


高級な自動車に乗っている人でさえも、県外に車を走らせ、そこに知り合いは住んでいるのかもしれませんが、どこに車を置けば良いのかがわからず、


他人の月極駐車場内に不法侵入し、「このくらいはセーフなんだ。誰も県外まで俺を追跡なんてしないはず」という風に思い込んだりするという事なのです。


今の時代は、交通事故の為にドライブレコーダーという機械を搭載し、走る景色を自動で動画として録画したりしています。


女子高校だった人が卒業して、軽自動車などをバイトしたお金で買い、月極駐車場を契約して利用し、その時、「見知らぬ車がありました。変質者かもしれないので撮影しておきました」 なんて感じスマホ内蔵のカメラで撮影したりして、管理人に提供していたりします。


「ヘっヘっヘっ~、俺はなんて器用にうまく生きているんだ。今日もプチ犯罪やっちまったぜ~」 そんな気持ちなのかもしれません。


でも、たぶん本人が気づかないところで犯罪の写真などがすでに撮影されており、それが第三者にもネット経由で送られたりしていたりするのです。





◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ