忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

カテゴリー「駐車場エトセトラ」の記事一覧

車検に

今日は、車検に車を出しに行きました。
代車でまた研究しました。

以前管理人の仕事というものの1つに、いろいろな車に乗ってみるという事も含まれると書いた記憶があります。


今回は車検で、軽自動車をリクエストしてみました。


 
上記が、代車でお借りした軽自動車のダイハツ製、ムーヴカスタムという車です。まあ、黄色ナンバーなので、パッと見れば軽自動車とわかると思いますが、軽自動車はセダンとこのようなワゴンという2つのタイプがあります。


アルトなんかで天井の低いタイプがセダンで、車重が軽くなるので燃費が良くなります。
今回のようなワゴンタイプは天井がすごく高くて、ドライバーズシートに座った時とかに、「広いなあ~」と感じるくらい広かったです。



上記がメーター周りの写真です。走り出すとエンジンが温まり、水温計マークが消えて、メーターがブルー系に光ります。右下に瞬間燃費計があり、燃費目安を教えてくれます。


リモコンキーをポケットに入れておくと、外から車に近づいた時1mくらいまで近づくと自動で「ピピッ」とロックが外れ、そのままエンジンスタートして運転します。


運転して駐車場などに着くと、エンジンを切り外に出ると、1mくらい離れたら、自動でロックされます。


オートエアコンなど一通りの装備がされており、乗用車と変わらないです。





PR

駐車場がガラガラな理由

月極駐車場を借りようと考えて申し込んだら、
「満車です」って答えが返ってきた。
あんなに空いているのになぜ?


それは、目に見える光景から錯覚するからじゃないですか。


例えば、あなたが25歳会社員で、まったく土地勘のないところに転勤になったとして、これからどうやって月極駐車場を探しますか?


私だったら、「歩いて行ける距離が良さそう」 そう考えテクテク自宅の周辺を歩いて駐車場を探すと思います。


車に乗って見える景色と歩いて見える景色は違うと考えるので、たぶん歩きます。


月極駐車場って、借りる前に設備とかが外から丸見えだったりするメリットがあると思いますので、直観で良さそうと感じるものを1位・2位・3位とメモっていきます。


後は駐車場から出てくる主婦の人とかに、「こんにちは、5分くらいお時間ありますか? ここの駐車場が良さそうだと感じたのですが、どこに申し込みすれば良いの? 管理人さんて怖かったりしませんか? あなたはもうご利用されて長いのですか?」 簡単な質問を利用者にすると思います。


人間関係もないような人にいきなり哲学的な答えられないような質問する人はまずいません。


一般的には、借りていて嫌な思いをしていると、「ここはやめておいた方がいいですよ」 とハッキリ言われると考えますし、利用者が2年とかそこそこ長く借りていれば問題もないと考えるからです。


フェイストゥフェイス、顔を突き合わせ質問した場合、相手の雰囲気とか表情で何か情報がわかると思います。


不動産会社のカウンターとかに行っても、その人は利用者の視点ではお答えできませんので、やはり利用者に訊いた方が確実です。


自分が利用者の視点でそんな行動を取る場合、次に経営者とかになった場合に、「新しく借りたいと考えた人は利用者に訊くだろうから、利用者は同じ時間帯で出はいりしないバラケた方が良いと考えます。


そうなると、ご利用者は、主婦・会社員・飲食店で働く人などのように散らした方が、良いという風に考えます。


利用者が全員会社員で朝8時に全員出発し、夕方19時に一斉に戻ってきますと、「借りたい。でも申し込みする前に利用者に訊いてみたい」 なんて人は、19時に駐車場に来れないとヒアリング調査できなくなってしまいます。


駐車場の新しいご利用者の勧誘みたいなセールス面で、過去に嫌な思いをされた女性とか、賢い人とかは利用者に質問しますので、意外とこれが契約を助けます。


その他にも、例えば、駐車場内に夜中とかに無断駐車する人が出たとします。


ご利用者がバラバラの時間に戻ってくる方が、その異変情報が早く発見できます。


真夜中に無断駐車が発生したとすれば、真夜中に戻ってくる飲食店で働く人と、早朝に仕事に出かける人の2人に電話すれば、「いつの時間帯に無断駐車する人が乗り込んでいるのか」 という時間帯が割り出せると思います。


後はホームレスとかに応援を求め、「悪党が真夜中のX時頃にやってくるので、どこの建物に入るのかを調べてくれ」 とホームレスの携帯に電話します。


時間帯が絞れないと、やみくもに人を雇いますと人件費が高くつきます。


例えばあなたがどこか月極駐車場を経営しているとしますね?


その場合、「誰かわからない人が真夜中に無断駐車している、どうしよう?」 そう考えたら不安になりませんか?


人間は、自分が答えも出せないようなことをわざわざ自問自答しますと、ノイローゼとかになっちゃいます。


でも、山田商事株式会社に勤めている田中くんが、同じ会社で働く木下さんというOLの自宅に泊まる際に無断駐車している・・・


という風に、具体的なリアルすぎるレポートに変われば、不安は減ると思われます。


月極駐車場を経営する視点で考えた場合、ご利用者の出入りする時間帯というものは、バラバラである方が、メリットが大きいと思います。


そうするとね、月極駐車場は、満車契約状態なのに、全車両が駐車場内に駐車することがない! という摩訶不思議な現象が起きるんですよ。


一般の人は、月極駐車場は朝仕事に出て、夜帰宅するという風に想像すると思うのですが、逆パターンも仕込みます。


夜の時間空いて、朝埋まるというパターンです。


セキュリティであったり、営業の目的とかで、ご利用者を散らすという人がほとんどだと思いますので、「いつ見てもガラガラに見える」 という目の錯覚が起きるのです。

駐車場の出入り口に駐車はしない

今日は、月極駐車場の出入り口に車が置かれていて
駐車場に入れないということがありました。

とある人が出かけていて戻ってくると、月極駐車場の出入り口の前に車が置いてあったそうです。


その後で、某不動産会社の人がお客さんを連れて戻ってきたそうで、「あの車あなたのじゃないですか? 駐車場に入れないってことくらいわかりませんか」 と言ったそうです。

車が出入りするところ、
駐車場の出入り口、
交差点から、5mには、
車を放置してはいけないと自動車教習所とかでも教えている
と思うのですが、覚えられない人がいます。


自分が仕事をしている時に、知らない人からあなたの行為は迷惑なんですよ! といわれること自体ひどいレベルのような気がします。


ブログにわざわざ書いているのは、
近年こういった不動産会社の人を中心に、迷惑駐車が増えてきているような気がします。


例えば会社にいる時に、あるお客さんを車にゲストとして乗せて、現地に内覧に向かうというシュチュエーション。


仕事で会社からお給料をいただき、その仕事で社用車という会社の車を貸し与えられているわけです。


お客さんを乗せるわけですから、途中事故に遭わないように運転を気を付けることも必要だったりすると思います。


初めて運転していった現地に到着した時に、たぶん余裕がなくて、「どこに駐車すればよいのだろうか?」 という部分がわからないで、いきなり交差点とかに車を置く人がいます。


本来であれば、車を運転しながらお客さんと会話しながら、「xxさん、この先現場に到着となります。住宅街で道路幅なども狭いですし、車をアパートの前に置けませんので、ちょっと歩いていただくようになります」 なんて会話をしながら誘導すると思います。


たぶんそういった余裕がないのが原因だと思いますが、交差点に車を置く人とか存在しています。


まるでそのお客さんにこびでも売らないといけないかのように、ほかの車が通行できないのに、アパートの真ん前の狭い道に車を置いて迷惑になっているケースもあります。


この問題は、たぶん錯覚から起きているのだと思う。


なにか夢などのある人がどこか上場企業などで働く。採用されるくらいなので、周りを見る眼を持っていたりするだろうから、自分でお客さんとか周りの人に迷惑をかける駐車をしたりもしないだろうし、周りの社員にもいない。


修行を終えたということでその人が独立起業などをする。誰にも教わらずにできて当たり前だと考えていたりするので、まさか自分が雇った人間が毎日会社の車で迷惑行為をしているなんて夢にも思わないので、気づかなかったりする。

車は交差点などに駐車してはいけない

とあるお客さまに、「車は私の自宅前とかに置かないでくださいね」
と言ったら、
「わかってますって。駐車場の管理などをされていらっしゃるから
示しがつかないってことでしょ~」 と言われました。


「あ~それもあるのですが、実は全然違っています」 というお話をしました。


私の自宅前に自動車が駐車されたり、放置されたりすることがあるのですが、あれ全部私の家の関係者とか思われてしまい迷惑しています。


車というものは、道路の曲がり角とか駐車場や車の出入りするところから5m以内に駐車しますと迷惑になりますので、禁止されています。


例えば高齢者であったり、足の不自由な人が歩いてきて、「こんなところに車を置きやがって非常識なやつらだ」 という風に思われたりします。


でも現実は、非常識はやつらだと思われていたりする私どもの関係者が車を自宅前に駐車するケースはまずございません。


今の時代というのは、ローソンのコンビニでバイトしている人が、お店のアイスクリームのケースに入り、そのバカげたところを写真にとって、ネットにアップして解雇になったりするような人が増えた時代です。


昔であれば、「自分がこの行動をすれば、どういう結果を生む」 という風な計算ができない人たちが増えたといわれます。


車なんかもそうなのですが、自分がどこか車に乗って出かけて、「どこに車を置けばいいのだろう?」 なんてシュチュエーションでは、宅配便のドライバーさんを除いては事業者である人でさえも意外と適切な場所を瞬時に選べていないのが現実かといえます。


うちの場合は、事前に来客の人に車を置く場所などを指示していたりしますので、車は置かないでくださいね~という風に話したりしています。

今日は法律セミナーに参加

今日は、11時より開催された某企業主催の
法律セミナーに参加した管理人です。


2012102701.jpg







今日セミナーの参加者には、こういったお弁当が用意されており、持ち帰り、おいしくいただきました。


11時からということで11時ギリギリに到着すると、「今日は来ないのかなあ~って思い、自宅にお電話しました」 と言われてしまいました。


まさか、それはない。


どんなに頭が空っぽな管理職の人であったとしても、展示会などにお客さまを呼べない営業マンなんて、たぶん普段の仕事のやり方に問題あると考えるだろうから、予約しているのにドタキャンとか誰もしないと思う。


ハト避け業者が珍しいサンプルを持っていたので、そのデザインとか構造とかに興味あったものの、切り上げたので、正確には10分前に到着し、ビルの裏でタバコを吸ってしまい、信号機もあり、ギリギリ11時に到着してしまいました。


ビジネスは相手に、目に見えるお金の損害を出さないというのも基本ですが、目に見えないような小さな約束1つ守れるということができないとあまり意味がないように考えます。


たまたま内容は法律に関するカテゴリーでしたが、セミナーとかって講師の方が東京から呼ばれ、わかりやすさに的を絞った資料を無料でいただけますし、とてもいい勉強になると感じます。


弁護士であったり、税理士であったり、実際に実務を行ったりするプロフェッショナルの人が、素人の人にわかるように説明したりするというのは、会話の間の取り方なども参考になることが多いような気がします。


箱崎から地下鉄で往復¥500という交通費で出かけると、それ以上の価値のあるお弁当やお茶なども用意されていたりして、おもてなしという面などでも参考になります。

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 13 14
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ