忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

カテゴリー「仕事のやり方」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

分譲マンションの駐車場の管理人

分譲マンションに住み、とある日に駐車場の管理人になる
となったらどうするのか?

例えば、親が分譲マンションを購入し、ローンを支払ながら親子で住んでいるとする。そして私が23歳くらいの会社員で親と同居する子供であり、ある日家に帰ると、「マンション敷地内にある駐車場の管理人を2年やってくれ」 と頼まれたとします。


そんなシュチューションの場合いったいどういう対応をするのか?


たぶん、いつかはきっとやらないといけないのだろうから、早くやった方が気が楽になると考え、「別にやってもいいよ」 と答えると思います。


5分とか10分とか真剣に考えて、自分は素人の知識しか持っていないので、自分に本職レベルを要求されているわけではないだろう。という風に大枠をまず考えます。


そしてすでに存在する理事会とかの組織があるということは、駐車場のことを想像してみて浮かぶような、車庫証明とかが発生した場合、すでに誰かが作っている書類を渡すだけになるのではないか。と考えます。


1から新規に組織を立ち上げるようなものであれば、それはすごく大変なものを想像しますが、自分の住むマンション内にすでにそういう組織があるということは、既存のシステムを利用できると考えます。


駐車場の管理って何だろう?


仕事内容を想像してみた時に、みんなから駐車場の代金を集めるお金の管理であったり、車庫証明とかであったり、新しく借りる人の手続きをすることくらいかなあ~と、テレビドラマとかに出てくる管理人のイメージなどから、人間関係のない人に接する接客になると思うので、極端に嫌がられる言葉使いとか態度ではなければ、それほど専門知識も要らないのだろう。と自分が管理人になった時のことを想像してみます。


同じマンションの敷地内にある月極駐車場の管理人ということであれば、前任者が近所に住んでいると考えられますので、土曜日の午後とかに散髪に行って小奇麗な恰好をして引き継ぎのあいさつに行くと思います。


「私は駐車場の管理人をやった経験がありませんので、素人になります。わからないことがあると思うのですが、その時は、xxさんに教えていただこうと考えています。お世話になりますので、どうぞよろしくお願いします」 とあいさつをして、たぶん3万円とかお金を渡すと思います。


実際に仕事を開始して、問い合わせの電話などがあったりすれば、「今年4月に引き継いだばかりですので、お答えできません。間違ってお答えしてしまいますと大変なことになると思いますから、前任者に確認をしてからこちらからお電話を差し上げてもよろしいでしょうか?」


わからないです。前任者に確認しますね! という相手に自分がプロではない立場であることなどを告げ、また、調べた上で折り返します。 と言えば、逆に相手には確実な回答が得られるのだろうと、丁寧な印象を持たれるので、怒る人とかいないと考えられます。


一旦お客さまからの電話を切り、すぐ当たり前のように前任者の奥さんに電話します。


「お疲れさまです。今駐車場の件で問い合わせがあり、こんな感じのことを言われていたのですが、こんな場合はこんな風で進めてもよいものなのでしょうか?」 そんな風に質問します。


仕事というのは、前任者の水準を下回らなければ、周りの人が理論上誰も困りませんので、全員者に直接確認した方が確実だと考えられます。


管理人を交代していくという前提条件であると、同じ水準みたいなものがあると予想されますので、もしも私がそれを大きく外れるようなことをしてしまいますと、それは同居している親とかにも何か迷惑をかけるのかもしれません。


それに、仕事はスタートと同時に、自分自身が困らないアドバイザーを雇った方が良いわけですので、スキーム展開として、直近まで管理人をされた人が1番確実な回答が得られると考えます。


前任者の男性が会社員とかであれば、管理人の実質的な仕事の多くは奥さんがやっていたと予想されます。仕事に出ているご主人に電話するよりも家にいる奥さんに電話する方が話しやすいと考えます。


そんな風に任期を終えた時、「この度無事に任期を終えることになりました。大きな問題もなく無事にできたのは、xxさんのアドバイスをいただけたおかげです。これは自分の感謝の気持ちとなりますので、仕事収めという区切りでありますので、どうぞお納めください。ありがとうございました」 とあいさつをして、5万円とか渡すと思います。


上記はあくまでも、一般社会人である人が、ある日突然に住んでいるマンション内の月極駐車場の管理になった場合に、「あなたであればどう動きますか?」 という質問に対する回答となります。


仕事という認識をした場合、まず自分1人で考えるとか抱え込むというものを避ける方が良いので、自分なりにアドバイザーを雇います。


でも、それはたぶん不動産会社に勤める人とかでは、役に立たない可能性があります。


自分の住むコミュニティ内で定期的に交代をしているという条件があります。


そうすると、「たぶんそれは極端に難しい仕事レベルではないので交代しても支障がない。でも、定期的に交代するということであれば、きっと何かしきたりのようなものとかがあるのかもしれない」 と推測できます。


よく理由を訊かれるのですが、素人に交代するという前提条件がある場合、それは英語でいえば、<WORK>ではなくて、<JOB>を指していると考えます。


「誰でもできる仕事です」 とよく求人雑誌で書かれてある作業のことです。


作業というのは、すでにスキームが出来ているということを指しますので、あまり自分が何かを考えることが必要ありません。


でも、バイトの仕事とかでも、その人の理解力が大きく欠けるとか、問題を感じるものがあれば即クビになることはあると思います。バイトでも、周りのバイトで働く人と自分が同じように働いているか? という自己管理は必須になります。


あくまでも想像ですが、前任者の仕事内容を下回ると、「xxさんは良かったのに」 となる可能性があると思います。


いちいち調べると時間の無駄だと考えますので、直接前任者に訊いた方が確実で手っ取り早いと考えます。


自分の住む近所という場所に住んでいる場合、あいさつは出向いた方が楽だと思います。


まったく無料というものであれば、それは自分が電話1本かけにくい雰囲気を自分で作ってしまうと思いますので、「仕事を教えていただくわけですので、やはり0円というのは厚かましいと考えています」 という気持ちのようなものを相手に伝えた方が良いと考えます。


例えば、こちらから、「おいくらお支払しましょうか?」 なんて風に相手に直接訊きますと、近所に住む場合、「いやあ~そんなお金はいらないですよ」 と体裁を優先されますので、一気に自分が相談とかしにくい雰囲気となる可能性があります。


携帯電話とか、1分40円とかの通話料金となりますので、ちょっと電話で自分が仕事中とかに相談した時に自分が想像する以上の負担を相手に与えてしまうこともあります。


そんなことを考えると、「えっこんなに」 と相手が感じるような金額にした方が、後々自分の為になると考えます。


主婦などの女性は、あまり自宅に来て欲しくはない! と考えられますので、あまり必要でなければ電話にした方が相手も楽になるので、その関係が長く続きやすいと考えます。


物事は始まりよりも終わり方の方が重要だと言われますので、自分が勝手にアドバイザーとした雇った感じで二人三脚のチームみたいに管理人として過ごし、最後にどこで「この業務は終了しました」 という宣言となるものが必要になります。


その仕事を成功させる為の存在というキーマンになるので、相手に、「あの人の相談を受けて良かった」 と感じてもらえる終わり方が良いと思いますので、成果報酬を手渡して終わりとなります。


仕事というものは、自分1人の持つ才能とか知能の高さとか、そういうものよりも、スキーム構築できるか? あるいは自分以外の人をいかに自分のビジネスに取り込めるか? ということの方が成功しやすいファクターになると考えます。


今回の場合、「年齢23歳会社員」 ということなので、普段やっている仕事がすでにある人が、別の仕事が増えるという感じなので、日常の会社の仕事が第一優先順位となるので、この場合、いかに確実に手っ取り早く管理人の仕事を行うか? という負担を減らす努力が必須になると考えます。


となると、情報を買った方が早くて確実だと考えます。


仕事は、スタート時点で、一気にスキームを組み上げる。後は自分のそのシステムにて、働いていれば、間違いなくあっという間に終わると思います。


最初に考えないと、都度、「こんな場合はどうしたら良いの?」 と考える時間が増え、考える時間が増えるほどに行動できなくなっていきます。
PR

ビジネスとは

ビジネスで失敗ばかりしているという人がいたので、
世の中のしくみがわかっていないだけですよ。
という風にお答えしました。

なにか仕事であったり、人生であったり、上手くいかないことがあったりすると、「私には才能がないから・・・」 といわれる人たちがいらっしゃいます。


私はそんな時に思うのですが、世の中のしくみがきちんと理解できていないだけの問題であって、才能なんてものは関係ないと思うのです。


①ビジネスは、まず自分のことは自分でやる


というのが基本になると考えています。


「自分の人生は、きちんと自分の足で歩くこと。これが人の道」 という風に幼稚園生くらいの頃に習ったりすると思います。


自分の仕事は自分でやるというくらいの自覚がなければいけないわけで、自覚というのは才能とは違います。


②人に動いてもらう


自分の事は自分でやるというのが基本であっても、どうしても自分ではできないことがあります。そんな場合、優秀な人材を探し出し、報酬を支払い、自分の代わりに働いてもらうということになります。


1つの例で書いておきますと、最近ある仕事の依頼を知人に頼むことになりました。



「こんにちは、お久しぶりです、お元気でしたか?
今日はビジネスのお話があってお電話をしたのですが、今お話をしてもよろしいでしょうか?
仕事の内容は、単純作業で時間も1時間もかかりません。
それで報酬は2万円ほどお支払できる計算になります。
作業量などを考えると相場よりも高い報酬となりますが、若干こちらの方で急いでおりますので、そのように計らっております。
やる・やらないというご判断はそちらで自由で構いませんが、悪いお話ではありませんし、後で書面にして送ります。
出先でお電話でいろいろといきなり言われても頭に入らないかと思いますので、お仕事の終わった夜にでも見ていただければと考えておりますので、どうぞよろしくお願いします」


という相談をしました。(例なので、上記では具体的な内容部分は省略しています)


仕事の話というのは、何をするのか? という内容が具体的でなければいけません。


当たり前の話ですが、仕事を頼む人は、他の仕事もしているわけですので、依頼されたことが仕事に影響をどう与えるのか? というのが気になるからです。


次に、仕事の依頼というのは、報酬というお金の話もできないといけません。苦手な人も多いといわれますが、仕事の依頼をされる側の人というのは、「それが損なのか? 得なのか?」 という判断もしないといけないからです。


1番よくないのは、相手を知っているということなどから、「いくら支払えばよいのだろうか?」 という部分がわからないという理由で明確にせず、ダラダラとして結果1円も支払えない人だったりします。


1番いいにくいと感じたりする内容は、1番最初に明確に線引きをします。


また、出先で携帯電話とかに着信があると、今やっている仕事で頭に入らない人もいますので、書類とかに明確に仕事を請ける人の視点でわかる、リスクバッファーなども明確にして判断してもらいます。


どんなに信用されていた場合であっても、人は高額な報酬とかの話とかがあると、「なにか裏があるのかもしれない」 と余計なことを考える場合があり、まったく何も考えないような真っ白な邪念のない人とか少ないと思います。


簡単にいえば、人に動いてもらうには、作業指示書を書けるというスキルが必要になります。


大企業とかの求人を想像してみてください。雇用契約書とかがあります。


優秀な人材を自分の為に動いてもらうためには、具体的な仕事内容の説明・確実な報酬金額・報酬がいつどう手にできるのか?・そしてリスクの説明などが必要になります。


見通しが甘いと、人に具体的な話ができませんので、優秀な人材ほど関わらないようになると思いますので、人に仕事を依頼するという前に具体的なシュミレーションくらいはできないといけません。


つまりビジネスというのは、①と②という2つの選択肢を区別できている人の方がよい結果を出したりしていて、逆に①と②の区別ができない人とかに悪い結果の人が多くなるのだと考えます。


例えば、アパマン経営をする人であれば、自分で借りたいというお客さんをみつけてきて、説明も自分が行い、契約を交わし、普段の掃除も自分でやり、壊れた水道とか自分で出向いて修理する・・・


そうやれば、無駄なお金が必要なくなりますよね?


でも、世の中には、すべて自分でやっている人の方が少なかったりすると思いますので、自分でどうしてもできない箇所は作業代行してくれる人を探さないといけません。


例えば、アパートを誰かが退去することになれば、「壁紙を貼りかえることのできるプロで、安く作業できる業者を探そう」 という風になります。


水道で不具合があれば、「すぐにあの箇所の修理をできるプロで安くできる業者を探そう」 という風になります。


アパマンの場合、「すぐに修理できること」 というスピード面での必須条件があります。


個別に修理の内容でそれぞれ個別に業者を探す方がよいのですが、段々面倒くさくなってきたりしますので、「そうだ全部不動産管理会社に丸投げしてしまえ」 みたいになる人の方が多いといわれます。


それはなぜなのか?


自分で材料を買いそろえ、その現場に作業だけする人を送り込めないからです。



仕事のやり方について

「どうすればあなたのように働けるのかがわからない」

という質問のようなものをいただくことがあります。


仕事は、小学生くらいの頃に誰でも経験するような、お寺での座禅のような、無の心境が基本だと思う。


行動目標をセットしたら、後はその目標をただ追いかけるだけ。


自分にはその仕事は難しいのではないだろうか? なんて余計なことは考えない。


いつも言っていますが、余計なことを考える人ほど人生紆余曲折していると思うから。


途方に暮れてしまうようなことがあれば、先生が言っていた台詞、「自分のことを救えるのは、自分だけです」 という言葉を思い出し、リブートする。


テレビで247億円という予算で、50年くらい地震の予知ができるという研究を続け、神戸淡路大震災や東日本大震災でも1度も予知できなったという人たちが話題になっているのを見たりした。


あんな風に残念な人になってしまえば、家族全員傷つくような気がしますので、成りたくはないなあ~と思う。


ただ、それだけですよ。


アルバイトなんかでもそうだと思いますが、2週間とかである程度仕事を覚えようかとか、試用期間の3カ月で一人立ちできるように頑張ろうとか、普通の人がやっているようなことをやっていたりします。


いろいろ相談などを受ける機会も多いように感じますが、仕事と直接関係ないようなことを考えすぎている人って多いような気がします。


例えば、ある日月極駐車場の管理人という仕事をやることになったとします。


最初の日にでも、1日真剣に、紙に自分の仕事を書いていき、手に考えさせる方法を用います。


・駐車場の代金を集める → これはいつからいつの期間にどういう風に集めよう・・・


そんな感じになります。


この世の中のしくみは至ってシンプルですので、自分の仕事を誰かほかの人が代わりにやってくれるということなんてありませんから、自分の仕事を書きだして、頭の中の記憶の宮殿にでも放り込んでしまいます。


翌朝目が覚めて、駐車場へ行くと、「あっこれは自分の仕事なんだ」 と思いだし、10台あたり1秒くらいでほかの変な自動車が混じっていないか? などサクッとチェックします。


誰も見ていないからサボれば? と言われても反射で動いているわけですので、そんな気分にもならないものです。


別の仕事をしている時に、駐車場の件で問い合わせの電話もかかってくるでしょうから、てきぱきこなしていきます。


「今日1日あなたはこんなスケジュールで仕事をしてくださいね」 なんて誰かが言ってくれるわけでないので、自立するという、自分1人で自分のスケジュールを組み立てて、それを自己管理していく世界です。


これは、自営業などでも、フルコミッション制の会社に勤めても同じで、自分で管理できないと自分がしんどくなるだけです。


あと仕事内容が見たことないほど丁寧ですよね~、 そんな風に言われることが多い。


生まれついた家が日本で最高と謳われる芦屋のお坊ちゃまがボスという時代に、仕事の水準は芦屋の水準に合わせないと給料ももらえないわけですので、そんなやり方になったのだと思う。


逆にいえば、そんなやり方しかしらないわけですから、今更変えようなんて気持ちもありません。






◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 13 14
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ