忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

カテゴリー「質問など」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

無断駐車された場合の対応

ある人が言っていたのですが、

「主人が深夜帰宅した時に無断駐車をされたらしくて、

その時家に帰らずに駐車場で無断駐車した人を

待ったのですが、このやり方ってどうなのでしょうか?」


う~ん、それはあなたが結婚されたご主人が人間として一流という意味ではないでしょうか。


抜粋するとこういうことだったと思います。


深夜仕事から帰宅すると、見知らぬ自動車がその人の契約した場所に無断駐車していた。 すぐに携帯電話から110番通報すると、あまり好ましくないお返事だった。 そこで、自分の車を無断駐車が出られないようにしたりして、そのまま駐車場で過ごしたみたいでした。


これは、たぶん、無断駐車の人が戻って来た時に、強く叱ったり、土下座させたり、警察呼んだり・・・ なにか無断駐車をやった人間に恥をかかせるようなことをやり、その結果その悪党が2度とそんなことをしなくなるだろう! という考え方をされたのかと思います。


人として見た場合は、すごく相手の将来などのことを気遣った行動のように思えます。


ただ、問題もあって、深夜に無断駐車された人がお酒を飲んだりしている場合、戻って来た時に相手の逃げ道を完全にふさいでいると、そのまま警察を呼ばないといけなくなるような事態に陥る危険性があります。


駐車場というのは、基本は無人ですので、万が一酔っ払った人間に勢いtとかで、刺されたりされますと、その時に自分で119番できるかどうか? という疑問が残ります。


明るい時間帯であっても、相手がどんな人だかわからないのであれば、大人2人で待たないと危険もあるとお話ししました。


これは、不動産会社の人とかはプロですので、怒りとかはビジネス的にも持たないでしょうから、まず激しく怒鳴るということがないのです。 でも、一般の人というのは、慣れなどの問題で、どちらかが大きな声を出すと一気に喧嘩に突入するという問題がありますから、2人で行動し、片方が何かの際に110番通報できる体制などを用意すべきかと。


暗い時間帯や、人通りが少ない場所というのは、人間の抑止力みたいなものが低下しやすいので、そこを考える必要があります。


不動産会社などの立場である人というのは、自分のクライアント以外なんて、正直なお話し、どうでもよい存在でしかありません。


面識もない無断駐車した人とかに向かって、「これからまともな人間になってください」 的な、そんな親身になれる対応なんてまず考えないものです。


優しいとか冷たいとかのその人の性格からくるのではなくて、職業柄、深くものを考えすぎると、うまくいかなくなる性質があるからです。


「人間は成りたい自分に、勝手に自分からなっていく生き物」 だと考えている人が多いと思いますので、「もう少し良い人になってくださいね」 とか誰も言ったことないと思いますよと、そんなお話をしました。


世の中には、会社の仕事中に、痴漢とかスカートの中を撮影するような人がニュースとかで出てくると思いますが、これは本人がどうしようもないくらいにそうしたいから、自分の意思でやっているんです。


逮捕されるかもしれないというリスクと、どうしてもやりたいという欲求を天秤に掛けて、誰かの命令ではなく自分でやっているだけですので、説得するのはかなり高度な技術も必要になるような気がします。



PR

月極駐車場管理人の質問などの考え方

福岡市の月極駐車場管理人として、ご利用者などからご質問やご相談を受けることがあり、回答した時などに、「事情を知らなかったものですから、変なこと聞いてすみませんでした」 などと言われることがあり、そんな時は「別に気にしていませんよ~」 みたいにお答えしたりしています。


小学生の頃に担任の先生がよく言っていた台詞は、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」 という言葉でした。
質問したりするということは、人生を円滑にするためには、大切な行動の1つだと教えられていました。


わかりにくいので、月極駐車場の話から少し離れた、違う実例を書いておこうと思います。


昨日の出来事になるのですが、私の家族がなにか自宅の補修を急にすることになって、職人の1人を買い物に行かせたら、なかなか戻って来ないということで心配していました。


荷物を運ぶ自動車を処分してしまったのですが、自動車くらいなんとか本人が手配できるだろうと軽く考えてしまったミスもあったと思います。


お昼前に職人が戻ってきて、どうもホームセンターまで自転車で出かけて、貸出用の車の借り方を知らなかったみたいでした。


周りの人にやり方を相談するとかが、まったくダメなタイプだったりするので、結局店員さんにも訊くこともできず、時間だけが過ぎてしまったみたいでした。


やり方がわからないというのであれば、店員さんに相談することで解決できたと思うのですが、その人にはそれがほんとにむずかしいことだったのだと思います。


知らないことでも知っているかの素振りをしたり、やったこともないようなことでも、できるかのように装ってみたり・・・


職人というお仕事は、きちんとどこかで修業でもしたりしないと、いつまで経っても半人前ということになってしまい、自分自身が損することになてしまいます。


でもね、なかなか現実を直視することも年齢を重ねるとむずかしくなってしまいますので、直ることもまずないという感じでしょうか。


わからないことはわからないと言えば、そこで一瞬笑われるのかもしれません。


でも、わからないことをわかった風に演じ切るというのは、もう笑えなくなってしまうと思います。


結局レシートを持って、行ったこともないお店に私が買い物に出かけ、借りたこともない貸出用の軽トラックを初めて借りて、荷物を自宅へ戻る羽目になりました。


戻ったら、簡単に自動車をどう借りたのか? これを教えてあげようくらいに考えていました。


実際に戻ってみると、もうそこに職人の姿がなくて、1番荷物を運ぶ人手が欲しいというタイミングだったのですが、私が1人で荷物を下して、またお店に戻りました。


たぶんね、自分が助けを求めるということができなかったという負い目みたいなものがあり、私が買い物へ出かけることになったので、そこにいるとマズイとでも思ったみたいで、怒られる前に逃げるという感じではなかったかと思います。


夕方前くらいにまた職人が戻って来て、本来社会人であれば、「お手数おかけしました」 などの台詞が言えると思うのですが、「急に用事が出来たので、一旦帰った」 みたいな言い訳をしていまいした。


うちの職人というわけではないので、それ以上叱ることもなかったのですが、彼と知り合った頃、自分を仕事で誰も使ってくれないような話を彼が話していました。


なにかあれば逃げ腰、いつも現場監督がそばに付いていないと何も進まないというのは、お仕事ではなくて、作業となってしまいます。


一定の基準に達しない限りは、お客さまの前に出すこともできないというのが、この世の中のルールだと思います。


本人の才能以前の問題で、大人に成りきれないまま来てしまい、そこに自分自身が気づかないだけだと思います。


最初に知り合った時に、周りの人にいじめられるという相談された記憶があります。
10年経ってもほんとに何も変われなかったというのは、自覚の問題かと考えています。


もう本人も高齢ですし、直す気持ちそのものがないみたいですので、あまり深く注意しませんでした。


月極駐車場の管理人として、いろいろなご質問などをいただいたりするのですが、
なにか質問して、もしもそれが笑われることでもあれば、まだ幸せな方になると考えていたりします。


知らない人を話をするのが苦手だったりすれば、月極駐車場のことや、車のことは、勤め先の同僚や、友人など質問できる人がいっぱいいると思います。


わからないことを放置するという癖みたいなものが付いてしまうと、ご本人さまが損されるだけだと考えます。そしてこの癖って、1度そうなってしまうと、だいたい直らないみたいです。

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ