忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

ホームページは役立つのだろうか

おもに宣伝活動に関するテーマになるのですが、
「ある有名なコンサルタントが、何か事業を始めた場合は、
時間を置かずに、ホームページを100万円くらいかけて
作ると失敗しにくくなる」 と言われているが、
それってどういう理屈なの?


という質問がありました。 簡単ですよ~、そんなことは。


例えば、それほど人間関係のない相手から、「あなたのお店(事業)のホームページを作るのに必要なことを教えてください。 この用紙にちょっとお店(事業)のセールスポイントなどを書いてもらえますか?


なんて言われた場合に、「え~っ、何をどう書けばいいのだろうか?」 と悩んだりするタイプの人は、たぶんね、その事業では結果が悪いと思う。


これは、その人の才能とかではないんですよ。


プロという領域にあれば、
「私はこんな風に普段お仕事しています」 という内容を紙などにすらすらと書けたりします。


また、それを読んだ人とかから、「えっこんな風にやっているの?」 と何か驚かれるとか? ダメなところを指摘されれば、「お~それは気づかなかった。 教えてくれてありがとう」 と言ったりします。


なぜか?


結局自分の為だからです。


自営業者みたいな立場というのは、自分の好きな通り、思いつくままにお仕事ができるという認識をされていらっしゃる人が多いと思います。


たしかにそれはそうだったりもします。


疲れたと感じる日があれば、その日は働かずに昼寝することくらいはあるでしょうし、自分が休みたい時に休めるのがメリットなのかもしれません。


ただ、「自分のお店が、市場、いわゆるお客さんに支持されないと成り立ちません」 という方程式のようなものがあります。


例えばパン屋さんを営んでいれば、「どうして俺のお店はお客さんがこないのに、あそこのお店はお客さんがくるのだろうか?」 という違いを意識していかないといけないものがあります。


そうすると、他店のホームページを読むとか、自分なりに研究することになりますから、「さあ、ホームページを作る為に少しだけこれに特徴書いてみてください」 とか言われた時には書けるわけです。 自分なりの言葉で。


書けないという場合は、この時点でもう、「面白くない」 というビジネス結果のようなものから、見ないようになっていたりすると思います。


お客さんが来ない(少ない)=何か自分が否定されているかのような気分になる・・・


スタート段階で見通しが甘かったという場合、1度このスパイラルに陥りますと、今度はリセットボタンもなかなか押せないという感じになっていきます。





PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ