忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

土用って何?

今回は、休憩したりお話になりますが、
「土用って何?」「熱中症って何?」という
お話になります。

土用というのは、立春(2月4日頃)立夏(5月5日頃)立秋(8月7日頃)立冬(11月7日頃)の前18日間を言います。

真夏がきた~ というものを示すので、7月20日とか猛暑日になるとニュースで言っていたりします。

そんな日は、早めにエアコンを入れて、熱中症を避けます。

最近は、猛暑日が続いており、体温に近い外気温ですと具合悪くなることを総称して熱中症
とか呼んでいたりします。
例えば、「畑で農作業していたおじいさんが熱中症で倒れ、救急車で搬送されましたが死亡
しました~」なんてニュースで言いますが、グタ~っとなり倒れることを熱中症だと思い込んで
いらっしゃる人もいますが、体温に近い暑さに耐えられない人がいて、その暑さで後で具合が
悪くなるとか持病が悪化するような、暑さが原因の総称です。
人は、「暑いなあ~」と感じると皮膚の表面に血液が集まり、体温を下げようとします。
脳の血流とかが急速に減るので失神することがあり、それを”脳失神” と呼びます。
体温を下げようと続けるので、”熱疲労” も出ます。
汗を流すとナトリウムなどが体外に出るので、筋肉とかの動きが悪くなり、ひどい場合には
”熱けいれん” を起こします。
よく小学生が、”熱射病で倒れ救急車で搬送され死亡” なんてニュースもありますが、体温を下げ続けようとして、その機能が追い付かなくなると倒れるとか、重症化する感じです。

男性の場合、免許もっている人ですと、18歳以上で、60歳くらいまでは1年で病院に行く回数はゼロ回とかだったりすると思います。

普段運動したりするでしょうから、筋肉量も多いので、少し暑がりさんが多い。女性は筋肉量が少ないので暑さを感じにくいとか、高齢者も感じにくい。

感じにくい人は、最初に計算してあげないとダメという感じだったりします。

小さな子供とかが汗を出す汗腺が大人の60%くらいなので、熱を逃がそうとし続けると熱中症になったりする。

そのような同乗者とかの管理を運転者がエアコンの操作パネルとかで操作したり、適切な休憩をするとかしないといけない感じになります。

男性が運転しながら、「今日は暑いなあ~」 とエアコンをガンガン効かせるとその影響を同乗者が受けるので、後で体調悪くなることもあります。

「エアコン入れると燃費悪くなるし」 と思ってエアコン入れないと、成人男性以上に外気温の影響を受ける人はいるので、同乗者が具合悪くなるとか実際にあり、「どの程度で調整すれば良いのかがわからない」 という人が実在しているのです。

例えば、若い18歳の彼氏が彼女を誘ってドライブに行く。そんな場合でも、体力に余裕ある男性側が計算していかないといけないという感じになります。

逆にいえば、18歳とか免許取った1年生で覚えないといけない休憩とかが、その数十年経ったおじさんとかでもできていないまま放置されていることもあるのです。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ