忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

カテゴリー「選ばれる理由」の記事一覧

福岡市の月極駐車場管理人が語る 屋根つきの魅力

なぜ福岡市の月極駐車場は、お客さまに選ばれるのか?

そんな質問がある先輩に訊かれたので、管理人は、

屋根つきオンリーワンだからではないかと答えました。


例えば、分譲マンションをローンなどで購入されると、総支払金額などから逆算し、一般的には屋根のない月極駐車場となる傾向にあります。


主婦の人であれば、午前中に洗濯・掃除・朝の食事の片づけ・・・いろいろ忙しかったりしますので、買い物へ出かけようというのは、午後の昼下がりの時間帯になったりします。


夏などの暑い時期、マンションの月極駐車場に置いてある車に乗り込むと、ハンドルがメッチャ熱くて、車内がムッとするので、気分が悪くなる傾向にあります。


つまり、お父さんの収入などから、マンションをローンで購入した場合、お父さんは朝会社に向かうのでそれほど影響無かったりするのに対し、お母さんである立場の人がある意味犠牲になっていたりすることがあるわけです。


そんな悩みを持たれた人が、「近所にある福岡市の月極駐車場は屋根つきなので、あっちに移動してみたらどう?」 友達などにアドバイスされたりすることもあるようです。


福岡市の月極駐車場まで日傘などをさしてとことこ歩いて来ますと、真夏であれば少し汗ばむくらいのことはあるかと思います。


福岡市の月極駐車場は屋根つきですので、日傘をたたむとホッとし、車内に置いてある自動車に乗り込むと、ムッとすることもなくて、すぐにオートエアコンから冷たい空気が出てきて、驚いたと言われたいました。


「今まで数年間、マンションの屋外の屋根なし月極駐車場に置いて人生はいったい何だったの?」


そんな体験をされたとのことでした。


春ぐらいから買い物へ出かけるのが苦痛だったという問題が、屋根つきの月極駐車場に替わったことで、一気に問題解消したということでした。


福岡市の月極駐車場まで日傘をさし歩き、買い物は立体駐車場完備のディスカウント店、近くで言えばルミエール・あるいは夢タウン、少し遠出してイオンなんて感じですので、帰りも暑い思いすることもありません。


自宅マンションにそのまま戻り、スーパーで買った荷物を宅配ボックスなどに入れ、福岡市の月極駐車場に車を戻し、また日傘をさし、自宅マンションに戻るそうです。


人間の行動の法則として、不快なものが快適になるようなもの、例えば具合が悪ければ病院へ行き解決できることにお金を喜んで支払ったりするものがあります。


それまで不快だったものが解決したということで、この事例での主婦の方は、福岡市の月極駐車場に移動され、成功を治められたことになります。

過去のニュース等での事例では、

外気温度17℃でも、快晴の天気などで車内温度が45℃に

達すると、幼児などが脱水症状で死亡した例もあるそうです。


赤ちゃんというのは、体温が人間の内臓などが1番効率よく働く温度37℃くらいに保たれていることから、サーモグラフィで赤くなることより、赤ちゃんと呼ばれ、汗を出す機能が大人みたいに発達していませんので、大人はそれほど簡単には脱水症状となる可能性は低いと考えられます。


ただ、スリムな体型の女性などは、夏場が苦手だったりしますので、1年間の季節の中で、屋根のついた月極駐車場は、屋根なしの月極駐車場よりも、約半年間(4~9月)などは有利な面があると言えます。


月極駐車場の空く理由は、引っ越し、または経済的な理由に寄る自動車の処分などが主流ですので、一般的に10~3月くらいの寒い時期は滅多に空かない傾向にあります。


つまり、月極駐車場が空く最大のシーズンなどは、暖かいので、だいたい賢い女性ほど、屋根つきから物件を見ていきます。


福岡市の月極駐車場は、高級分譲マンションの1階などにある駐車場と似たようなものですので、イメージもしやすいので、意外と暑い時期などは、集客という意味では強さがあると管理人は感じます。


1年のうち、3分の1雨が降ると考えた場合、小さなお子さまを連れて出かける人などにも屋根つきは有利です。


車大好き人間など新車に乗るような人なども、あまり屋根なしは好まない傾向にあります。


一般的に月極駐車場の多くは、オフィス街などの高級を除いては、屋根なしだったりします。


そういう背景事情などから考えた場合、福岡市の月極駐車場は、オンリーワンとなりますので、そういったところが人気の1つの理由ではないかと管理人はお答えしました。
PR

月極駐車場として、選ばれる理由③

福岡市の月極駐車場と、民間の月極駐車場とでは、いろいろな違いがあると思います。


一般的に不動産投資家の考え方は、1つの方程式を持っており、すべての物件でそれを当てはめようとします。


福岡市の月極駐車場は、現地で最適だと思われる方程式に組み替えていたりします。


直感で必要だと思った時に、一気に1歩目を踏み出していきます。 サッカーに例えるのであれば、インテルの長友選手みたいな感じといえばよいでしょうか。


誰かに言われるわけでもないのに、1人で考え走り廻る感じで、スタミナも切れない。


一般的に不動産投資家の人達は、コンサルタントなどが集計したデーターなどを後から学んだりする傾向にあり、対応が後手に廻りますので、販管費ロスも大きくなると思います。


現代では、ユニクロやニトリなどのような、自分でロスを小さくしていく企業などに人が集まる傾向にあります。


細かい理屈はよくわからなくても、なにか努力し続けるような、勝ち馬に乗っかった方が自分も楽ちんになるという感じでしょうか。


馬が勝手に走り廻るようなものですから。


福岡市の月極駐車場では、特別なにか努力しなければいけないようなものは、ご利用者にはないと思います。


ご利用者それぞれが、自分なりのカーライフを満喫されていらっしゃいます。


ただ、満車状態であっても、運営などに関しては常に努力もしていかないといけませんので、頑張らないといけません。


「福岡市の月極駐車場なので、福岡市からお客さまの斡旋があるのでは?」 


月極駐車場のお客さまは、どこからか自動で斡旋されることなどはありませんよ。


月に2回発行の市政だよりに募集広告が無料で掲載されれば、自分たちが楽になる! という発想そのものがありません。


福岡市の月極駐車場は、管理人が自分でご利用者を探していかなければいけませんので、不動産投資家の人達とは少し立場も違います。


普段努力をしていることを「こんな風に努力することによって、ご利用者の方に喜んでいただいております」 という感じで、自己PRの繰り返しになります。


ご契約をいただいた後でも、例えご利用者の方の勘違いされているようなご質問であっても、きちんと自分なりにご説明させていただいております。


別にこれといって、豪華絢爛(ごうかけんらん)な月極駐車場の施設などでもないですし、老朽化という点でいえば、1番敬遠されるような年数になっていたりします。


満車状態で売れている現実もあるのですが、売っている時に売りやすいと感じるものでもありません。


この点は不動産投資家の人達の方が、物件を選べるだけ楽だと思いますよ。


月極駐車場というのは、オフィス街や、駅前のすぐ近くでもなければ、売るのが大変だという点は、たぶん一緒です。


そんな風にお答えしています。

月極駐車場として、選ばれる理由②

民間の月極駐車場の良い面・悪い面などいろいろあるかと思いますが、福岡市の月極駐車場はオーナーが福岡市ですので、安心感のようなもので選ばれていると感じます。


お役所と考えるからイメージがわかりにくくなってしまうのであって、実際には企業です。


企業というのは、明確なルール設定からスタートします。


例えば、20歳の女子短大を卒業された女性が、福岡市の企業に就職され、福岡市の月極駐車場を結婚するまで10年くらい、ご利用される場合ですが、最初から明確なルール設定ですので、その10年間に怒られることなども実際にはないものです。


なぜなら、事前にこれをやれば怒られるとわかっていれば、わざわざそんなことをする人の方が珍しいからです。


女性だからといって、なにか見下されるようなことも無ければ、オーナーの都合で振り回されるということが無いものです。


明確なルールとして、法律に触れるようなことは容認できなかったりしますが、これは民間の月極駐車場でも一緒ですので、特別変なルールも無いわけです。


「組織がバカデカイので、利用する立場からみれば、電話1つ掛けるのが大変ではないか?」 と心配される人もいらっしゃいます。


構造的に最初からわかっていたりしますので、福岡市の月極駐車場の場合は、管理人が一括で対応させていただいております。


ホテルのコンシェルジュと同じように考えていただければ、イメージがしやすいかと思います。


福岡市の月極駐車場のご利用者が、契約前から、10年先などの解約まで、お世話をするのは管理人となります。


そうなると、人間関係を築くのが得意ではないという人であっても、「いつも同じ人」 が対応するわけですので、毎回対応する人によって違うという問題が起きません。


人見知りする人でも、ずっと顔でも見ていれば、少しずつでも緩和していくと思います。


下町にある福岡市の月極駐車場では、ご利用者からご相談があれば、車の洗車について何か談話したりしていたり、あくまでもご利用者という対応をさせていただいております。


下町の中での、近所同士の人間対人間のお付き合いという感じですね。


管理人の携帯電話には、ご利用者の携帯電話番号なども登録してありますので、ご利用者の方が電話する時に、「x番を利用している田中です」 などとかしこまるようなこともありません。


いろいろな面で、ご利用されていらっしゃる人からみれば、楽ちんなことが多いのだと思います。


福岡市の月極駐車場の特徴は、
自由と規律が両立した時に、生み出すハーモニーは、快適さになり、その為リピーターが多いという特徴があります。


社会人としての最低限のマナーといいますか、先に規律があって、その先に自由があるという理屈でもありますので、適当に任せているというのとは、少し違いますけどね。


親が借りたあと、30年など経過しますと、その子が最初のコンセプトがいったい何だったのだろうか? と訊きに来るような、そんな風に長いご利用者が多いというのは、福岡市の月極駐車場になります。

月極駐車場として、選ばれる理由①

福岡市の月極駐車場の管理人に少し変わったご質問がありましたので、今日は、選ばれる理由について書いてみようと思います。


不動産投資家の人から、「オーナーが日の丸親方の役所なので、予算も使い放題で商売楽ちんでしょ?」 といった感じの想像からくると思われるご質問をいただくことがございます。


何を指しているのか? よくわからないこともあるのですが、「福岡市の月極駐車場を選ばれた人などは、オーナーが福岡市だという、安心感のようなもので選ばれていると思いますよ」 とお答えしています。


アパートや月極駐車場などを経営している人達を不動産投資家あるいは、アパマン経営者などと呼びます。


一般的に、オーナーが個人である傾向にあり、近年では法人化(株式会社)してあるケースも増えてきていると思います。(アパマン経営の法人化には規模などの基準が設定されております)


株式会社であっても、どちらかといえば個人商店という感じだったりしますので、オーナーから見れば、賃借人(借りてくれる人のことです)の位置づけというのは、「家賃を搾取するだけの人」 という割り切った考え方をされていらっしゃる人も少なくないように感じます。


例えば実際にあったりした体験談などで説明すれば、
ある女性が個人経営と思われる月極駐車場をご利用することになり、最初は良い駐車場がみつかったと感じたそうです。


そしてご利用していく過程で、大家さんになるオーナーの人間性みたいなものに疑問を感じることがあり、解約され、別の月極駐車場へ移ったのだそうです。


女性ということもあり、なんだか大家さんが完全に上から目線でものを言った!
という、立場からの違いに違和感を感じたという感じでした。


個人商店というのは、どちらかといえば、その日の気分で何かが変わったりして、よくわからないと感じる部分もあったりします。 人間関係が築きにくいという場合もあります。


不動産投資家のカリスマなどが書かれた書籍などでも、「賃借人が直接オーナーに電話してくることがあり、絶対に電話に出てはいけない。1度出ると次もそうなってしまう」 などのように書かれていたりもするようです。


人間関係がすごく複雑なこともありますので、「賃借人と直接話す価値もない」 という感じだったりします。


そんな感じですので、どちらかといえば、「不動産投資家のオーナーの方が、力関係で賃借人よりも強い」 となります。


例えば上場企業では、部下の数は10人以下になるような組織図だったりしますが、2桁の人間を管理するというのは難しさがあるものです。


そういう構造みたいなものがありますので、一方的に大家さんなどが、上から目線でものを言う! と感じることも少なくないようです。


月極駐車場やアパートなどを借りる人は、身近に不動産投資家がいなかったりして、「どんな風にものを考えている人間なのかよくわからない」 と思います。


不動産投資家をされているのは、資産家が多いのですが、彼らは自宅の電話でも、事前に登録されてある電話からの着信でないと、セキュリティの関係で絶対に出てくれない傾向にあります。


どうしても知らない人からのセールスなどのお電話や、飛び込み営業などが一般の人と比べられない数になりますので、そんな風になってしまいます。


そうすると、よく携帯電話番号が変わるような人とかの電話番号から電話をもらっても、そもそも相手が気づいてくれないということで、電話に出てもらえないこともあるわけで、注意が必要になります。


実際にあるケースとしては、不動産投資家の住所などを契約書を参考にし、困った時に直接携帯に電話してみたら、冷たい態度に感じたりすることがあるようです。


普段電話で話すこともない人から、いきなり電話で何か言われても、どう答えて良いものなのか? と悩むこともあるわけで、だったら最初から電話に出ないほうが良いのではないかという考え方もあるわけです。


実際には、不動産管理会社を通しての月極駐車場の契約をされる方が多いと思いますが、その場合でもオーナーの意見などに振り回されることがあります。


「不動産会社は当たりはずれが大きい世界」 などと言われますが、正確には、賃借人の立場の人が嫌な思いをされるのは、オーナーの考え方によることが多いと思います。


福岡市の月極駐車場は、創業以来、民間の月極駐車場などで発生したりすることがあるような、オーナーの考え方によって振り回されるようなことも無かったと思います。 これが最大の強みではないかとも考えています。

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ