忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

無題

福岡市の月極駐車場に新しくご利用になられる人などから、

「何か覚えておいた方がよいことってあります?」 なんて

ご質問を受けることがあります。


例えば、管理人に福岡市の駐車場の代金を支払いに来られる際の話を書いておきたいと思います。


管理人がもしも不在であれば、家族が対応します。


「こんばんは~、3番利用している山田です。 駐車場のお金を支払に来ました~」 なんて言われれば、領収証なども管理人が作成しておりますので、スムーズに終わります。


ごく稀なケースとして、


「こんばんは~、田中です。 駐車場のお金を支払に来ました~」 という感じで切り出す人がいらっしゃいます。


管理人が不在で家族が対応する場合など、


「田中さんって、何番をご利用されていらっしゃいますか?」 なんて訊いたりすることもあります。


「えっ何番だったけ? ちょっと見てきます」 なんて会話になったりします。


この時などに、「なぜ番号を訊かれたのが良く理解できなかった」 なんてお話もあります。


月極駐車場というのは、人を管理しているのではなくて、月極駐車場の場所を管理しており、俗に言う枝番(えだばん)を基準に管理していたりします。


枝番というのは、マンションなどで住所欄に備考欄などによく箱崎2丁目34-2XXマンション301号などのように書く管理番号の部屋の番号なんかのことです。


福岡市の月極駐車場というものを管理する場合、「1番が誰々で、お車がどんなもので、ご利用者の顔はこんな感じだった」 なんて順番に管理する人は覚えます。


領収証を作成する場合や、領収証に記入しお金を受け取った時の台帳は、駐車場の番号順となるわけです。


たまにあるのですが、
「僕は山田ですので、領収証はたぶん最後の方だと思いますよ」 なんて感じで、管理人の家族が一覧表でお名前を探している時に、言われることもあるそうです。


あいうえお順だと勘違いされる方がいて、その思い込みから、今度は管理人の家族まで誘導されてしまう、余計お時間がかかってしまうこともあるみたいです。


管理人がご利用者の顔やお名前や車種や色などを頭の中にある記憶の宮殿に覚えているのは、お仕事ですので当たり前になるのですが、さすがに家族はつい最近ご利用開始された方のお名前まで憶えていないこともあります。


強制!
な~んてものではないのですが、お話を切り出す際に、なぜか逆回転みたいになってしまっているケースが少なくないものです。


PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ