忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

リーン・イン・スタートアップとは?

昨日テレビで、最近起業家で話題のリーン・イン・スタートアップ
という特集があっていました。


「福岡市の月極駐車場でも、リーン・イン・スタートアップを使っているのか?」 という話題が早速知人から出ました。


まず、リーン・イン・スタートアップというのは、ウェブ系のネットサービスが前提になっていると思うのです。


インターネット系のサービスというのは、コンテンツといいますか? プログラムを組むことが前提となっています。


プログラマーというのは、与えられた仕事をやるのがお仕事ですので、最初にどのようなプログラムを組むのか? という指示書みたいなものを指揮官が与えることが必須になります。


この為、作業を開始し出す前に、会議や打ち合わせが必要になり、ビジネスチャンスに対して作業のアクションが遅れやすいという特徴があります。


プログラムのフローチャートを作成後に、変更が生じますと、一部を書き換えただけで、バグが発生したりして、対応できなくなったりするリスクがあります。


ここを書き換え前提という仕様にすることで、「とりあえず、まず作ってみよう」 という実践段階へのスピードがアップします。


第2のステップとして、何か1つの目標に向かってスキームを作っていく過程で、ユーザーの希望を確認していき、クリエーターが作るものがユーザーに支持されるものなのか? という確認をしていくという流れになります。


机の上だけで考えるよりも、行動しながら必要な修正を加えていくというものとなります。


パソコンを使うベンチャービジネスは、プログラムを作る人の確保などにお金が必要でしたので、資金調達ということが大変大きな重要性を持っていました。


近年では、ホームページなどをみてもわかるように、オープンソースのプログラムなどが豊富にあり、それを利用することによって、作業性が簡単になっており、お金を必ずしもたくさん用意しないといけないということでもなくなってきました。


その流れをまとめると、


「まずアイデアが思いつけば即行動をしていく。 行動をする過程で、目標がユーザーに支持されるものかどうかを確認し、時には修正が必要となる。 修正は失敗とは違うので、積極的に修正を心がけるようなものとする。 スピード感のようなものを意識してしまえば、多少ミスがあっても、総額での大きなミスとはなりにくい」 という感じになるでしょうか。


無駄なものを省き、臨機応変対応していくという感じかなあ~。


どちらかといえば、これまでにまったく存在しなかったサービスなどを考えた場合の起業方法を教えているのだと思います。


駐車場やアパマン経営というのは、暮らしです。


それまでに積んできたノウハウのようなもの、データーを分析した結果に基づき次の戦略を決めていくようなものですので、少し違う部分が出てきます。






PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ