忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

急患での看病

もしも救急車で親などが搬送された場合、

看護というのは、どうすればいいのだろうか?

仕事をしていたりすると、タイミングがよくわからない

ということもあるみたいです。


親が急に具合でも悪くなり、夜中に救急車で搬送されたりしたようなシュチュエーションでは、最初の段階でほとんど勝負が決まってしまうのではないか? そうお話ししたりすることがあります。


「救急車で運ばれる時とかに、私はもうこのままダメで死んでしまうのではないか? そう考えた・・・この先どうなるのだろう?・・・」 そんな風にベッドの上で心配していることがあります。


現実を直視できない性格とかであれば、まあ、そんなものではないかと思います。


「たしかに、あなたは不幸に見舞われ、奈落の底に落ちていくかのような生死を彷徨ったのかもしれませんね。 でも、すでに1番底に到達しましたので、すでに落ちていくということは過去形となり、止まっていると思いませんか? 救急車で運ばれる前と比べて、今落ち着いた状態にあると思いませんか?」


そんな風に、不幸に見舞われた過去ということと、落ちていくという過程が止まったという現実を淡々と説明していかないといけないものです。


どこか健康に自信のようなものを持っていたりしますと、救急車で運ばれる時などや、その後ベッドの上などで、自信が崩れていくということを感じ、現実が見えなくなってしまったりしますと、不幸を永遠に続くような不安として考えすぎてしまったりする傾向にあります。


必要もないような心の揺らし方を本人が行いますと、それはたぶんきっと、強い自己暗示のようなものとなりますので、薬の効果なんて半減してしまい、回復が遅れる結果を招いてしまいます。


でもね、訓練でも受けたような人でない限り、だいたいは脳の正しい使い方なんてことまで考えられませんので、多くの場合、不安という形である最悪の状態で残ってしまいます。


バックアップに廻る立場にある人間というのは、必要以上に看病などが長引きますと、連動してダメージを受けてしまいますので、耐えられなくなった時点で支えきれなくなってしまう運命にあります。


不幸に見舞われたという現実を直視し、最短ルートで上方修正プランを考えないといけないと思うのですが、倒れた本人などがきちんと現実をみるように、指導しないといけないというタイミングが、搬送されてから24時間以内にあると思うのです。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ