忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

スタートアップでのつまづき

今日は、ビジネスでの成功には才能が必要だ! というテーマで書いてみようと思います。

お店の経営などの場合、経営者の考えるよいお店と、お客さまの考えるよいお店とは違いがあり、経営がうまくいかない時には、そのギャップを埋める作業を行うんですよ。

とアドバイスしましたら、「私にはビジネスの才能が無いからそれがどういうものなのかがわからない」と言われ、

「う~ん、全然的外れはことをいわれていますよ~」と言いました。

人間はね、なにか新しい仕事とかを始めたりした時、まあ、新しい世界に飛び込んだ時ですね、それがうまくいくと、どこか少しだけ心地よかったりするんですよ。

なんとなく、それをどこかで感じますので、その状態を保とうと自然とそうなります。

でもね、逆になにか新しい仕事でもはじめうまくいかなかった場合、これはその人には不快な感情を伴う記憶ですので、仕事という行動=不快なものという認識がなされてしまいます。

不快な感情を伴う記憶というのは、体に刻まれるかのような強いものです。

そうすると奥さんとかに、「もっと仕事をがんばって」と言われれば、「あなたは頑張りが足りませんよ」という意味にしか聞こえませんので、時間が経過して忘れるようなところに、また不快な感情が伴い、ループのようにそれが続きます。

仕事を頑張らなければいけない! そう思った時でも、不快だという感情が思い出されますので、なかなか力が入らないようなものです。

世の中には、スタートアップでつまづくと人生終わってしまうこともありますよ~と起業家を対象としたビジネススクールなどがあったりします。

それが必要だとされるから、そのような生業が存在するわけです。

単なるケチなのか? 見通しが甘かったのか? 世の中のしくみがわからなかったのか?

なにかそういった原因などでつまづいてしまい、ハマり込んでしまったと考えられます。

どこか今のままではいけないなあ~くらいは考えるでしょうが、だからといって今更ビジネススクールとかに行けないものです。

だってね、人は自分が不快だと感じるものにはお金を支払たくは無い生き物だからです。

テレビをみればわかると思いますが、 「私は綺麗になるのが嬉しくて、整形に1,000万円かけています」とか自慢するじゃないですか。

自分が気持ちいいというものには、生活が困っていてもついお金を使ってしまうんですよ。

じゃあ、仕事が面白くないという人に、すっごいビジネススクールを紹介した場合、行かないでしょ?

理屈がわからなくて陥っていると考えられますので、家族とか誰かが教えてあげないと抜け出せないような気がします。

才能とかではなくて、たぶん知識不足から起こる負のスパイラルではないでしょうか。

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ