忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

憑き物というネーミングからして気持ち悪い話

特別な商売を除いて、ほとんどの商売というものは、

憑依霊のようなマイナスでしかない憑りつくものを剥がす

ということを意識していると思いますよ~、 

そんなお話をしますと、大変驚かれます。


自営業をされていらっしゃるような人でさえも、下請けのようにただ指示されてその通りに動くような商売であれば、接客業とは言えないわけですので、まず憑き物剥がしというネーミングから初めて聞くことになり、驚かれる傾向にあります。


1番わかりやすいのは、たぶん本屋さんです。


購入しない人でも気軽に入れる店舗ですので、学生なんかの万引きなどの被害に遭われます。


セキュリティ会社などに相談したりして、店内にカメラを設置したりして、「カメラで撮影中」 とかあえて大きく張り出します。 理由は、カメラの効果っていうものは、それを見た人間に意識させることをしないと抑制力が発揮できないからです。


お金を掛けて、カメラを何台も設置しますが、お客さま相手の接客業ですので、なかなか万引き犯を逮捕ということも、ままならないところもあります。 うっかり勘違いとかであれば、「何だこの店は客を泥棒扱いしやがって」 となってしまうからです。


「万引きは犯罪です」 などのように警鐘を促す張り紙を日本語だけでなく、外国語などでもやったりしていくのでしょうが、それでも0にはならないみたいです。


お店をたたむ時に、なにかホッとするような安堵感を感じたなんてお話もあるように、被害者がいろいろ試行錯誤した結果、疲れていく傾向にもあるようです。


どうしてこんな結果になるのか?


1つは、大手勝ち組のショッピングセンターなどでは、「憑き物がつく」 という風に前提条件となっていたりします。


近年では、管理体制が優秀であるお店から、そうでないお店の方に、その憑き物というか、流れてしまう傾向にあります。


日本が世界に誇れるテクノロジーの中に、顔識別認証ソフトというものがあります。


ショッピングセンターなんかは、変な客を寄せ付けない! というところに力を入れ始めていたりしますが、その方がテナントやお客さまが高価な売価でも来るからです。


そうすると、昔はもっと楽ちんだったと思う本屋さんとか、大手のショッピングセンターに入ったりする方が良い環境になったりするといえます。


一言でいえば、時代が変わったのかと思います。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ