忍者ブログ

福岡市/月極駐車場|管理人503

福岡市の月極駐車場の管理人の個人日記です。月極駐車場のことを中心に書いています。

音痴は遺伝なのか?

ある人に、「私は生まれつき音痴なので、カラオケなんかが
1番嫌い」 と言われていました。
正しくは遺伝性の問題ではなくて、習慣性の問題とお答えしました。


カラオケなどで音が外れる謳い方をする人のことを音痴と呼びます。


一般的に、人間は耳から入る音=空気の振動音である情報気導音という、たくさん1度に耳に入る音を脳で処理していますので、一生懸命に歌う時に自分の音がよく聞き取れていないことが、音痴の原因といわれています。


よって、歌う時に、片方の耳に耳栓をしますと、片方の耳からは気道音が入らずに情報量が半分に減りますので、片方の耳では骨導音という、自分の顎や頭蓋の骨を伝って聞こえている自分の声がよく聞こえるようになり、音程などがきちんと直るみたいです。


音程が認識できるようになれば、後は、その音程に合わせて自分の声を合わせるボイストレーニングなどを繰り返せば、最終的に音痴は直るみたいです。


一説によれば、モノマネ芸人さんというのは、骨導音でなくて、気導音を聞きながら、自分の声が自分以外の人にどのように聞こえているのか? ということがわかりながら歌ったりしているのだそうです。


人間の耳から入る音というのは、すべてを脳で処理しきれないらしくて、その人がどんな音にフォーカスしているか? という習慣性みたいなものが、大きく影響していると考えられます。


つまり、お金を出してカラオケ教室などに行き、歌うことを繰り返せばだれもある程度上達するといえ、苦手意識が強い場合は早めに直した方がよろしいかとアドバイスしました。


管理人も実はひどい音痴だったりしますので、実は会社などの飲み会でカラオケなどには一切参加しないことで有名だったりします。


例えば、管理人が田中さんという人と話す場合、極端な言い方かもしれませんが、田中さんの声しか聞こえない感じだったりします。


田中さんの声の微妙なトーンや、微妙な表情などを見て、たぶん会話を組み立てますので、自分の声がどんな風にしゃべっているかなんて気にしてないのだと思います。


会社などで、全然面識のないお客さんを上司が朝9時頃とかに連れてきて、「先生、お昼のランチまでの時間までお好きなようにしゃべってください。途中フォローはすることもあるかと考えていますが、何をしゃべるかはお任せしたいと思います」 と上司に言われたりしました。


よく、「あれ全部アドリブでしゃべっているんですよね?」 とか訊かれたりするのですが、目の前のお客さんの声を聞き、動作を見て、適当にしゃべっているだけで、自分が何をしゃべろうかと事前に考えることも無ければ、自分の声を聞きながら、組み立てているわけではないのです。


自分が事前に何をしゃべるかを決めている人達を講師と呼び、相手の目の前にして適当にしゃべる人達を先生と呼ぶみたいです。


ただ、先生と呼ばれ気づいたことがあります。


即効でその環境に合わせることができるまでは良かったのですが、それは意識をして、「この人が今こんな表情をわずかにしたので、少し怒っている。よし、次はこんなテーマを話そう」 みたいに、いちいち何か細かく考えながらやっているわけではないのです。


普段意識せずにできることがあり、それを意識して自分の声をよく聞くという、エンジンを逆噴射するかのようなことをやると、気分が悪くなったりして、結局できないとなってしまいます。



PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

◆お勧めCM

◆カーメンテナンス

はじめまして

福岡市の月極駐車場

↑ クリックでジャンプします
コイン洗車場JOE箱崎

↑ クリックでジャンプします
格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア


福岡市探検隊

↑ クリックでジャンプします

カテゴリー

月極駐車場メニュー

プロフィール

HN:
月極駐車場の管理人
性別:
非公開

バーコード

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

Copyright ©  -- 福岡市/月極駐車場|管理人503 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ